『無職転生』と『転スラ』を時代の文脈をもとに比較してみよう!

 もうすでにネットの各所で話題になっていますが、アニメ『無職転生』の第一話が素晴らしい出来です☆ 思わず語尾に「☆」を付けたくなるようなクオリティの高さ。最初から最後まで洗練された演出に、心がわくわくと湧き立つものを感じます。

 この記事では、その『無職転生』と『転スラ』こと『転生したらスライムだった件』を比較し、その本質に迫るつもりです。

 さて、この記事を読まれるような方はほとんどご存知だと思いますが、『無職転生』は小説投稿サイト「小説家になろう」で長いあいだランキング首位を独占していた作品です。

 いまは『転スラ』にそのポジションを奪われてはいますが、「なろう」を代表する作品であることに変わりはありません。

 物語はある「ひきこもりニート」の中年男がトラックに轢かれて転生し、「ルーデウス(ルディ)」という少年として第二の人生を送ることになるところから始まります。

 アニメではルーデウスの内心の声としてこの「前世の男」のナレーションを被せる演出を行っていて、これが、めちゃくちゃ効果を上げています。

 第一話の登場人物中で最も幼いはずでありながら、前世を含めるとじつは最も年長でもあるという複雑な設定を巧みに描き切っています。凄いね!

 原作に対する高い理解度とリスペクトをもとに物語を再構築したと思しい卓抜なシナリオに加え、アニメーションとしての描写のひとつひとつもきわめて洗練されていて、「すわ今期の覇権か!」と騒ぐ人たちの気持ちもよくわかる出来。

 面白いのは、第一話の時点では「前世の男」の頽廃的で破滅的なひきこもり生活がほとんどカットされていたこと。それは第二話であらためて描写が入るのですが、物語のオープニングとしてふさわしくないと判断されたということでしょう。

 たしかに冒頭からダメ人間の腐り切った生活を描出されたらそこで見る気がなくなる人が続出しそうなので、これは的確な判断だったと思います。

 ただ、物語のテーマを考えると、どうしてもこのひきこもり描写は必要なものであることもたしか。この物語は社会から脱落したひとりの男が何度もくじけかけながらもどうにかして再起を志すところに本質があるからです。

 再起といっても、ひとまず死んでしまってはいるわけですが……。

 そう、『無職転生』には「ルサンチマン」と云いたいような何かどす黒いものがある。『転スラ』に至ると、もうそれはなくなっているというか、超越しているのですが、『無職』のほうはまだ乗り越えていないのです。

 これを世代的な差といって良いのかどうかはもちろんわかりませんが、時代感覚的には『転スラ』のほうが先に行っているといって良いでしょう。

 そして、もちろん『転スラ』も面白いけれど、ぼく自身はどちらかというと『無職』のほうにシンパシーがある。

 あえて誤解を受けそうな表現を使うなら、『無職』は『転スラ』と比べて物語が泥臭いのですね。ひとつひとつ挫折を乗り越えながら進んでいく、いわば従来型のストーリー。

 いわゆるなろう小説はよく一切努力せず、「チート」だけで進んでいくものと理解されていますが、『無職』はわりあい努力の物語です。

 主人公はたしかに才気に恵まれてはいるのだけれど、それもほんとうの意味で傑出したものとはいえないし、世界の本筋の物語においては、いわば「わき役」であるに過ぎません。

 それにもかかわらず、かれは必死になって力を磨いて、何とか幸福を手に入れようとする。これは、あきらかに『転スラ』やそのフォロワーとは異なっているところです。

 『転スラ』は良くも悪くも遥かにスマート。そこがウケているのだと思いますが、『無職』のほうは悪くいうなら「古い物語」ともいえるわけで、はたしてこれが若い層にどのように受け止められるのか、ぼくは興味があります。

 はたして、いまの時代に『無職』の泥臭く暗い情念を感じさせる物語はどのように評価されるのか? まだストーリーは始まったばかりなので何ともいえませんが、アニメのこの出来なら高く評価されるかもしれませんね。楽しみです。

 さて、この先の有料部分では『無職転生』について少々ネタバレありトークを繰りひろげます☆

 有料部分は300円で購入が可能ですが、月額800円のサブスクリプションにご登録いただくとすべての有料記事が定額で読めます(まだあまり有料記事は溜まっていませんが……)。

 なお、記事の購入、サブスクリプションの導入には「codoc」というサービスの登録が必要です。非常に便利なサービスですので、ぜひこの機会に登録をご検討ください。よろしくお願いします。

 

この続きはcodocで購読