光武帝。


 メールでやる夫にも光武帝を扱ったものがあるよ、と教えていただく。やあ、これ、気になっていたんだよね。読んでみよう。長そうではありますが――。

 光武帝にかんしては田中芳樹が書きたいと言っていて、じっさい短編を一本書いているんだけれど、たぶん長編は書かないまま終わるだろう。田中芳樹光武帝もの、読んでみたかったけれど、是非もなし(この人にかんしてはこういうことばかりである)。