安西先生、ネットでお金儲けしたいです。


 何という率直なタイトル……。まあ、その通りの内容ですね。ネットで文章を書いてお金を受け取りたいんだけれど、無理かなあ、無理だろうなあ、という嘆きに充ちたエントリです。

 こういうことを書くとお前は何様だ、ネットで金を受け取れるほどの身分か、と冷笑を浴びせかけようとうする輩が必ず出てくるわけですが、そんなことはぼく自身百も承知なんですよね。でも、お金はほしいわけで、悩むところ。

 いや、お金ほしいんだよ! もちろん単にプアだということもあるけれど、それ以上にね、これだけ大量の文章を書き散らしていて、そのことの報酬が(アフィリエイト収入を除けば)1円もないということにむなしさを感じるのですよ。

 どうせ文章を書くなら書いたものをお金にしたいなあ、という気持ちはぼくのなかにやっぱりあります。で、ネットでお金儲けというと、有料メールマガジンという方法が注目を浴びつつあるわけですが、これで儲けるのはなかなかに大変そうではあります。

 で、まあ、ちょっとぼくには無理かなあ、とTwitterで泣き言を言っていたところ、半年くらいで期限を区切って始めればいいんじゃね?と助言をもらいました。なるほど、それは良いアイディア。

 いつもの「Something Orange」(この文章とか)と同じレベルの文章ではあえてメルマガで読もうという気にはなれないでしょうから、同人誌と同程度のクオリティのものを、月350枚書くとして、それで得られる収入が――そうだな、月3万円くらいになればぼくはやれると思う。読者数としては100人弱ということになりますね。

 正業の収入としては実に微々たる額としかいいようがないわけですが、お小遣いとしてはそれなりに大きいわけで、そしてまたそれ以上に書くモチベーションを得られるということが大きい。倦怠と懶惰に退廃したわが日常にメリハリを! というわけで、やってみようかしらん、と思うのですが、どんなものでしょうか。