『心臓狩り(1)』。

 梅原克文、10年ぶりの新刊! 12年ぶりの長編! いやあ、この日が来るまで長かった。いったい10年間も何をやっていたんだろう? あとがきで説明してくれないだろうか。