あなたはもういちど人生をやり直したいですか?


 今週号の『少年マガジン』で『モテキ』の久保ミツロウの新作『アゲイン!!』が新連載。応援団もので、かつ、人生やり直しものらしい。

 このテーマは人間の願望に訴えかけるものであるらしく、古来、無数の作品が生み出されてきた。いちばん有名なのはケン・グリムウッドの傑作『リプレイ』だろう。漫画だと『代紋TAKE2』かな。『リプレイJ』なんて作品もありましたね。

リプレイ (新潮文庫)

リプレイ (新潮文庫)

代紋TAKE2(1) (ヤンマガKCスペシャル)

代紋TAKE2(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 こういった物語は、だれもが持つもういちど人生をやり直せたら、という願望の反映であるわけだが、『アゲイン!!』ではいちど失敗した人生を送ってしまった主人公が、今度は熱く生きる展開になるのだと思う。

 おそらく一周目の人生では何もコミットしなかった主人公が、色々なものに関係していくことによって人生の素晴らしさを知る、といった筋書きが待っているはずである。このテーマは好きなので、先の展開を期待している。

 ただ、平凡なだけに扱いがむずかしいテーマでもある。主人公は高校生活をいちど体験しているし、未来のことを知っているわけだから、周囲に比べて圧倒的に有利な立場にあるといえる。こういった物語では、その点の扱いが鍵になる。

 主人公が持つそのメリットを見せつけることには、たしかにカタルシスはあるだろうが、ある意味でアンフェアであるという印象は免れない。ようするにチートなのである。だから、どこかでそのチート能力の代償を支払わせられることにならないと読者は納得しない。『代紋TAKE2』などは60巻以上も続いたものの、その点で失敗しているように思えてならない。

 もちろん、『アゲイン!!』がそういう方向に行くかどうかは不明だ。久保ミツロウの作風から考えて、たぶん、その種のSF的設定には深入りせず、青春物語として「挑戦すること」の賛歌を謳い上げるのではないか、という気はする。

 本作はそもそも「応援団もの」という企画が先にあって、あとからリプレイテーマが付け加えられたらしい。そういう意味では、SF設定はおまけなのである。新しい青春漫画の誕生なるか――とりあえずは期待して読みたい。