映画ダウンロードレンタルの課題。


 もっと映画を観たいなあ、と思っているのだけれど、レンタルは返却が面倒だし、ディスクの購入はリスクが大きい。そこで、iTunesのレンタルを利用してみることにした。知っているひとも多いと思うが、いま、iTunesでは映画のダウンロードレンタルができるのである(セルもある)。

 Apple IDを持っているひとなら方法は簡単。iTunesを開いて映画タグに進み、観たい映画を選んでクリックするだけ。これは素晴らしい。レンタルの手間がいらないし、延滞料金を取られる心配もない。グレート!

 と思ったのだが、ダウンロードなので当然、回線速度により落とすまでの時間が異なる。わが家はいまどきADSLなので、映画一本落とすために数時間かかることになってしまった。うーん、光回線に変更しようかな、などと思ってしまう遅さである。

 もうひとつ、選べる映画の作品数が少ないことも気にかかる。たしかにメジャーな大作はフォローされているのだが、そういう作品はどこでも借りられるわけで、こういうサービスはいかにマイナーな作品がそろっているかが重要だと思う。その点は少々不満。が、可能性を感じるサービスではあるので、このまま発展していってほしいものです。