『ラミアシリーズ(1)』。


 いま書いている小説、あと2,3日で書き終わりそう。タイトルがまだ決まっていないので、とりあえず『ラミアシリーズ(1)』と銘打っている。ラミアとはラテン語で吸血鬼の意味で、つまりそういう話なのである。ボリューム的には200枚少々と中途半端な分量になった。中編ということになるだろうか。