ビニール忘れた……。


 入金を確認したぶんの同人誌、ようやく30冊ほど送りました。まだ入金したけれど商品が届いていないという方もおられるかと思いますが、何しろ一人、手作業で発送していますので、どうか、もう少々お待ちください。必ずお届けしますから。

 あ――いま気づいたけれど、いままで発送したぶん、本をビニールで包むの忘れてしまいました! もし雨などでぬれてしまったら申し訳ありません。これから出すものは忘れず包むようにいたしますので――って、もう送ってしまった人には弁解にならないですね。うう、ごめんなさい。伏してお詫びいたします。

 それにしても、注文や入金の際に送られてきたメールに付されたあたたかいメッセージなど読んでいると、心がほんわりぬくもります。ネットであてもなく文章など書いていると、「地球人はぼくの敵だ」というささくれだった気分にもなってくるのですが、じっさいに読者の方に逢ったり、こうしてお言葉などいただくと、決してそうではなく、少数ではあってもぼくの書くものを楽しみに読んでくださる方々もいるのだな、と実感できます。ありがたやありがたや。

 いやまあ、じっさいにこうして数百冊の本が完売したわけですから、必ずしも少数ともいえないでしょう。販売するまえは「5冊しか売れなかったら信濃川に身投げして死のう」などといっていたわけですが、そうはならず、おかげで寒い思いをせずに済みました。同人誌をご購入くださった皆様にはあらためてお礼をいわせていただきます。どうもありがとうございました。

 時がすぎればすぎるほど欠点ばかりが見えてくるわけですが、幸い、多くの友人たちの協力を得て、それなりに良い本に仕上がったと思っています。浅学菲才の身の上で、まだまだ努力するべき点は多いとはいえ、それはあまりに当然のこと、ぼくは色々な点で随分恵まれているといえるでしょう。

 さて、そういうわけで、今週の日曜日には『BREAK/THROUGH』解説ラジオをやります。『BREAK/THROUGH』を書き、読み、思ったことなどを余すところなく話しつくすつもりですので、よければお聴きください。いままでとひと味違うラジオになるかもしれません。