それでもやっぱりオリジナルアニメを見たい。


 いまさらながら『マイマイ新子と千年の魔法』を見ています。

マイマイ新子と千年の魔法 [DVD]

 途中でとめてこの文章を書いているから全体としての評価はできないんだけれど、これがびっくりするくらい出来がいい。あれ、これ、ひょっとして傑作じゃね? ていうか、傑作だろ。

 上映館はわずか、危うくDVD化もせずに終わるところだったと聞いていたので、もっとチープな作品を想像していたんだけれど、いや、これは素晴らしいですね。

 そうか、このレベルの作品がもう少しで新作の海に溺れて消えるところだったのか。商業主義の必然とはいえ、それはさすがに問題だなあ。少なくともここ最近見たアニメではいちばん自然に物語に入っていけるかんじ。

 ぼくは映像作品を見ていてもしょっちゅう止めてほかのことに手を出すどうしようもない性格なんですが、これはわりと集中してみていられる(それでもこの文章を書いているわけですけれど)。

 いや、しかし、これはすばらしいなあ。まあ、大ヒットしなかったことは仕方ないにしても、もうちょっと注目されていい作品じゃないかい?

 もちろん、映画の出来がそのまま商業成績に比例するわけではないんだけれど、それにしてもね。これはあきらかに埋もれさせていいレベルの作品じゃない。

 精緻に展開するシナリオも良いけれど、単純に映像のクオリティだけ見ても、『ポニョ』だの『ハウル』だのに比べて、それほど圧倒的に差が開いているとは思えない。

 まあ、素人目だからわからないだけかもしれないけれど、観客の大半はその素人ですからね、そこまで巨大な差は見いだせないはず。それにもかかわらず商業的な実績にここまでの差がつくのは――まあ、やっぱり宣伝の差なんでしょうね。

 つまり広報の問題。どんな名作も、見てもらえなければ無意味。ぼくもあまり見る気はなかったものなあ。なんかほら、地味そうだし? 子ども向けのノスタルジック教育アニメとか、そういう方向性かと。

 ただ、まあ、じっさい見てみたらその印象はあざやかにぬりかえられました。やはり偏見で物事を判断するものじゃないですね。まだ見終わっていないから断定はできないけれど、たぶん今年のアニメないし映画のなかではベストだなあ。

 で、まあ、この作品を見ていてあらためて思ったんだけれど、オリジナルアニメーションというものはいいものだな、と。

 決して原作付きの作品を否定するわけじゃないけれど、原作付きの場合、たいてい原作を先に読んでいるわけで、やっぱりアニメ版は新鮮さを欠くんですよね。

 もちろん、映像だの展開だの設定だのでアニメ版独自の工夫を凝らす余地はいくらでもあるにしろ、そしてじっさいにそういう工夫は行われているにしろ、やっぱりどうしてもすでに見たものを再見している感じになる。

 ここ数年でぼくが心からおもしろいと思ったアニメって、『コードギアス』に『東のエデン』に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に――何のことはない、皆、オリジナル作品なんだよね。

 名作は再鑑賞に耐えるということもたしかに真実だとは思いますが、それでもなお、「初見」のセンス・オブ・ワンダーは何物にも代えがたい。もっとオリジナルアニメが増えるといいなあ。この際、一部主要都市だけの劇場公開でもいいからさ。

 心からの祈りです。

 付記。今日届いたメール。

既に他の方からも指摘をされているかも知れませんが、「マイマイ新子と千年の魔法」には原作があります。
マイマイ新子」(高樹のぶ子)という小説がそれです。
もちろん、だからと言って、映画の素晴らしさがなんら減ずるわけではありませんが。
それでは、これからも更新を頑張ってください。

 ……そうですね。いや、Amazonで検索するときいっしょに出てくるし、原作があることは知っていたんですが、自分が読んでいないものだから忘れていたらしい。大変失礼しました。