『図説 密室ミステリの迷宮』。

図説 密室ミステリの迷宮 (洋泉社MOOK)

図説 密室ミステリの迷宮 (洋泉社MOOK)

 もうすぐ発売されるらしいのですが、洋泉社のサイトを見ると、『神津恭介×星影龍三×森江春策 名探偵・架空座談会』なる企画がvv 芦辺拓さんが書くらしいんだけれど、ここだけでも読んでみたい気がする。

 神津恭介は高木彬光が、そして星影龍三は鮎川哲也が生み出した名探偵なのですが、ふたりとも歴史的な「名殺人事件」をいくつも解決している斯界の大人物なので、かれらの「後輩」にあたる森江春策がどう絡んでいくのやら、なかなか楽しみです。

 そういえば栗本薫が伊集院大介と金田一耕助が共演する短編を書いていますが、あれも意外に悪くない出来でした。なんといっても、金田一耕助横溝正史に対するリスペクトが感じられるところがいい。正しいオマージュといったところ。

 金田一耕助も、初期と後期ではだいぶ印象が違うようですけれど、この作品に登場するのは後期作品のそのあとの老人金田一耕助なので、実にこう、しんみりした雰囲気が出ていて良かったですね。

 ところで、ミステリファンの方を見ていて感心するのは、作中のトリックをちゃんと憶えていることです。星影龍三が登場する『リラ荘事件』とか「薔薇荘殺人事件」とか、もう、傑作であることしか憶えていない。読んだ当時は感動したんですけれど。

りら荘事件 (創元推理文庫)

りら荘事件 (創元推理文庫)

 さすがに神津ものの『人形はなぜ殺される』あたりは憶えていますが、これも細部は怪しい。傑作であることははっきりと憶えているのですが、メイントリック以外の部分はもう忘却の彼方ですね。「妖婦の宿」とかの短編も、トリックだけは憶えているんだけれど……。

人形はなぜ殺される 新装版 高木彬光コレクション (光文社文庫)

人形はなぜ殺される 新装版 高木彬光コレクション (光文社文庫)

 ちなみにジョン・ヴァーリィのSF短編集『バービーはなぜ殺される』はこの作品からタイトルを採ったものと思われます。もちろん、原題は全く無関係ですから*1、これは翻訳の浅倉久志さんのお遊びですね。こういうところのセンスが本当に洒落ているんだよなあ。見習いたいものです。

バービーはなぜ殺される (創元SF文庫)

バービーはなぜ殺される (創元SF文庫)

*1:原題は「The Barbie Murders」。そのまま訳せば「バービー殺人事件」だろう。