Amazon.com電子洋書巡り。


 Kindle for iPadAmazon.comから洋書をダウンロード購入してみました。洋書とはいってもぼくは英語に堪能ではないので(婉曲的表現)、児童書。Amazon.comで抜群の評価を得ている『Alanna: The First Adventure』です。

Alanna: The First Adventure (Song of the Lioness)

Alanna: The First Adventure (Song of the Lioness)

 500人以上がレビュー書いているにもかかわず評価は★★★★★というとんでもない本。日本でも翻訳が出ているんだけれど、あんまり話題は聞かないよね。日米のこの評価の差は何だろう。それともぼくがしらないところで話題沸騰だったりするのだろうか。

冒険のはじまりしとき―女騎士・アランナ〈1〉 (女騎士・アランナ (1))

冒険のはじまりしとき―女騎士・アランナ〈1〉 (女騎士・アランナ (1))

 で、内容はというと、まだ読みはじめたばかりだからよくわからない。騎士を目指す妹と、魔法使いを目指す兄がいれかわって冒険をくり広げるとうい『とりかえばや物語』的な話らしいのですが、まあ、異常に評価が高いんだからおもしろいんでしょう、たぶん。

 問題の読解力ですが、恥ずかしながら、辞書なしだと児童書でも何とか話についていくのがやっとというところ。いったい何のために英語を勉強したのか、非常に哀しい。まあ、いい。これからたくさん読んでペーパーバックとか読めるようになることを目指すさ。

 ウィリアム・ギブスンコニー・ウィリスの未訳新作が見つかったりする一方、読みたい作家の本で手に入らないものが少なくなく、まだまだAmazon電子書籍ビジネスも磐石じゃなかったりするんだなあ、と思ったりするのですが、とりあえずは児童書。

 スティーヴン・キング『ドラゴンの眼』の原書版があったんで、それも読んでみたいです。ルーマ・ゴッデンの『バレエダンサー』やクーンツの『ぬいぐるみ団オドキンズ』はなかった。ま、当面は『Alanna』に集中ですね。