電子書籍は本ではなく巻物を目指すのだろうか。


 あいも変わらずiPad話なのだが、i文庫HDというアプリが便利だ。ある種の電子書籍アプリなのだけれど、このアプリがあるだけで大半の電子書籍アプリは不要になるといえそうな神アプリ。

 じっさい、数人の作家/学者/漫画家/イラストレーターらが参加した電子書籍AiR』を落として読んでみたものの、このさまざまな工夫が凝らされた「本」よりも、i文庫HDでテキストファイルを読むほうがずっと読みやすかった。

 『AiR』ではフォントが固定されているのに対し、i文庫HDでは自在にフォントや文字の大きさを変更できるからだ。i文庫HDがあるかぎり、いまのところ、最高の電子書籍はただのテキストファイルということになりそうな気がしている。

 村上龍の『歌うクジラ』という「本」は、坂本龍一作曲による音楽なども流れる豪華な内容だそうで、そうなってくるとまた違うのかもしれないが、とりあえず、ただ単にiPadで文字を読むという用途なら、青空文庫形式のテキストファイルで売ってくれることがいちばん便利だと思えてならない。

 で、このi文庫HD、あたかも本をめくるような画面操作で読めるということが売りのひとつである。ぼくは最初はこの機能を使っていたのだが、最近はページを横にスライドさせる方法に変えている。案外、「ページをめくる」よりもこっちの方が楽なのだ。

 この方法を採ると、たしかに「本を読んでいる」という感覚はなくなるのだが、考えてみればべつだん、電子書籍が「本」を追随する必要はないのである。ある文章を読むために「本」は必ずしも最良の形式ではないのだから。

 そう――よくよく考えてみるならば、電子書籍がブック(本)である必要はない。たとえばスクロール(巻物)であってもかまわないのだ。つまり、電子書籍に「ページ」という概念は必ずしも必要ないということ。

 一冊の本ではなく、一枚の巻物を読むように読んでいける電子書籍があってもいいのではないか。そういう形式で、たとえば漫画を読んでみることを想像すると、これはなかなかわくわくする。

 素人考えではあるが、見開き2ページを基本とした既存の方法論とはべつの方法論の漫画が出てきそうに思える。色々な技術的困難は付きまとうだろうが、理論的に不可能ではないはずだ。

 いまのところ電子書籍は可能なかぎり忠実に「本」を模すことを目的にしているように見えるが、本当はべつにそうする必要はないんだよね。だからいずれ電子書籍は「本」のレイアウトから逸脱していくことだろう。少なくともそういうものも出てくるはずだ。

 と、思って検索してみたら、既にあった。

 やっぱりね! ぼく程度が考えることは誰かが考えたうえで実現しているものなのだろう。ただ、動画を見るかぎりまだまだ完成形とはいえそうにない。この分野は大きな可能性を秘めているんじゃないだろうか。

 そして、こうなってくると、ただ「本」を真似るだけではない、電子書籍独自のレイアウトが必然になってくるはずだ。それが完成されて初めて、「ただのテキストファイルこそ最高の電子書籍」などというぼくの放言は打ち破られることだろう。

 きのう書いた「読みすすめているという実感のなさ」の問題も、結局は「本」の感覚を引きずっているところから来るものであるわけで、「本」から逸脱したものには、またあたらしい「実感」が伴うのかもしれない。本当に、いったい世界はどう変わっていくのだろうね。

 未来はいま、まさに手のひらのなかにある。