iPhone/iPad用のRPG『Chaos Rings』がおもしろい。


 タイトルですべてを語り終えている気もしますが、iPhone及びiPadでプレイできるRPG『Chaos Rings』がおもしろいです。

 価格はiPhone版が1500円、iPad版が1800円と非常に安いのですが、家庭用機のフルプライスのゲームに遜色ないクオリティだと断言できます。

 まだプレイしはじめて数時間にしかならないので全体の評価を下すことはできないものの、少なくともいまのところ、全く退屈することなくプレイできている。

 発売元はスクウェア・エニックス。じっさいに製作しているのはメディア・ヴィジョンという会社なのかな? ここらへんよくわかっていないのですが、とりあえずApp Storeでダウンロード購入できます。

 物語は、各大陸最強の戦士として五組十人の男女が集められるところから始まり、その十人による冒険とバトルロイヤルを描いていきます。

 ほとんど全能に見える「代行者」というなぞの存在が提示する「不老不死」という商品を賭けたたたかい――それを勝ちとるのは誰なのか? 映画などではよくあるシチュエーションですが、やはりこの手のシナリオはビデオゲームによく合っています。

 じっさいにはフィールド&ダンジョン探索とボス戦闘を繰り返していくことになるのですが、戦闘バランスなどもかなりよく練られていると思う。

 ダンジョンを探索していると途中なぜかパズルが挟まるところなどもあり、それを唐突と感じるか良いスパイスと感じるかはひとそれぞれだと思いますが、ぼくは楽しくプレイできています。往年の佳作『エストポリス伝記』とか思い出しますね。

 そしてそれ以上に優れていると感じるのは遊びやすさ。コントローラーなどないiPadで指先で簡単に操作できるよう様々な工夫が凝らされていると感じました。

 RPGとしてはかなりオーソドックスな作品で、あまりとんがった個性などは感じられませんが、それにしてもこの価格は安い。1500円ないし1800円出して買う価値が十分にあると思う。

 またあらためて感じたのはiPadはゲーム機としても十分に通用するということですね。見たところPS2くらいのグラフィックは実現できているし、一般的な携帯ゲーム機に比べると画面が大きいのでなかなか迫力がある。

 ぼくはフリーのノベルゲームもいくつか落としてやってみたのですが、これは非常に相性がいいですね。iPadの機能を思うとき、誰もがノベルゲームに合っていると思うのではないかと考えるのですが、それは本当にそう。iPadは最高のノベルゲームマシンになりえると思う。

 Appleの方針を考えるとiPadでのエロゲ製作は実現困難であるわけですが、エロシーンなんてべつにいらないのでノベルゲームをどんどん出してほしいものです。現実的にはむずかしいのかもしれませんが、すくなくともPCの画面でプレイするよりはやる気になる。

 ただ、海外ではiPhoneiPadのゲームは低価格作品が主流になっているらしいことが気にかかります。正直な話、200円や300円でチープな作品を出されるよりは、2000円、3000円してもいいからまともな作品を出してほしいのですけれど、どんなものなんでしょう。

 とにかく、iPadで名作ゲームが生まれる日を、楽しみにして待ちたいと思います。何しろiPadは家庭用ゲーム機と比べて起動させることが楽ですから。最近、テレビと接続して起動させることが面倒で家庭用機のゲームはほとんどやっていないんですよね。

iPhone ゲームガイド (SOFTBANK MOOK)

iPhone ゲームガイド (SOFTBANK MOOK)