オリジナリティの問題。


 まあ、あいかわらず小説を書いているわけですが、なかなかね、むずかしいですよね。他人事ならいくらでも簡単に文句をつけられるわけだけれど、自分で書いてみると非常にむずかしいことがわかる。

 特にぼくの場合、文章はそこそこ書けるんだけれど、話の構築が稚拙なんですよね。ようするにおもしろくない。エンターテインメントにとって致命的ですね。

 いつも思うんだけれど、ぼくが小説を書くと、どこかで見たような要素の組み合わせになってしまう。オリジナリティがないんですね。でも、オリジナリティって、それは既存の理論では出せないものだからなあ。どうすればいいんだろう。

 たぶん、アイディアのアレンジに問題があるんだとは思う。極論するなら、オリジナルなアイディアというものはほとんど存在しない。ただ、オリジナルなアレンジがあるだけ。だから、平凡なアイディアも研磨しだいではダイヤモンドの輝きを生み出すはず――なのだけれど、まあ、むずかしいよね。

 とりあえず一作を半ばまで書いてみて課題は見えてきたので、つぎはその課題をどう克服するということになるのだろうけれど。非才の身の上はただ精進あるのみ。とはいえ書くことは楽しいし、十分に趣味だといえるのですが。