感謝を込めて。


 ブログ閉鎖にかんしては、様々な方から色々な意見をいただき、まさにいま考えている最中です。とりあえず、現状では何ひとつ本決まりではありません。ぼくとしてもここをとじてしまうととても寂しいので何とかしたくはあるのですが……。

 けっきょく、ぼくが十分に勁く、あるいはしなやかな心を持っていればそれで済むことではあるのですが、じっさいにそうではないので、様々な問題が生じてくるのだと思います。我が身の未熟を思い、反省する一方、意見を寄せてくださった皆様のご厚情に深く感謝しております。

 まあ、そうかといってじぶんの意見をいうことをためらうつもりはないし、そういう配慮の仕方をしたらぼくはぼくではなくなってしまうでしょう。だからこそ、いっそブログ全体をとじてしまうという決断もありか、と思ったわけなのですが、それも短慮であるかもしれません。

 どうするべきか、どのようなやり方が正しいのか、あるいは望ましいのか、深く考えてみなければならない時であると思います。思慮が空転して結論に至らないのも、いつものことではありますが。もう少し、お時間をいただきたいと思います。

 感謝を込めて。