『剣乙女ノア』が意外にオススメ。

 DMMにはAmazonのように★★★★★で作品を評価できるシステムがあります。

 つまり、ジャンルごとにランキングができあがるわけですが、「美少女ゲーム1」のジャンルで評価ランキング1位に輝いているのがこの『剣乙女ノア』。つまり、「美少女ゲーム1」でDLできる2000本以上のゲームのなかで最も高い評価を得ているということです。

 そうなると、当然ながら気になるわけで、やってみました。さて、どうだったかというと――これはおもしろい。いや、おもしろいわ。物語はある意味、終わりから始まります。

 幼なじみで異世界の姫君であるノアと、その妹オルフィリアとともに主人公の春都が魔王ギルウィンドを打倒するところがスタート。ところが、春都はこの戦いで何と死んでしまいます。

 主人公が冒頭で死んでしまったままではお話にならないわけで、運良く魔王の肉体を得て復活することに成功するのですが、そのからだを癒すためには精気が必要。

 その手段とは――エロゲなので当然ですが――女の子とエッチすること。で、主人公の冒険の仲間であるノアとフィリアはかれとからだを重ねることに、というお話。

 ま、ありがちといえばありがちな話で、特にオリジナリティがあるわけではないのですが、でも、これがよくできている。素直になれない属性持ちのツンデレ少女であるノアと、巨乳のフィリア、この姉妹を初めとして、ヒロインたちも可愛いし、主人公の春都くんもなかなか好感がもてる。

 基本的にはひたすらエッチしているだけのゲームなのですが、ストーリーも意外におもしろいんですね、これが。実は魔王ギルウィンドがいい味出している。

 あと、この手のゲームとしては当然のことながらエッチシーンもなかなかバラエティに富んでいるのですが、基本的に陵辱要素はありません。ひたすらいちゃらぶしているだけ。ハードなシーンが苦手な向きにはオススメできます。

 そういうわけでエロティック・ラブコメとしては文句なしの出来。ま、傑作とか名作とかいうものではないですが、らぶらぶいちゃいちゃものとしては珠玉の作品といってもいいのではないかと。

 演出もなかなか凝っていて、時々、突然四コマ漫画が始まったりするするところはおもしろい。日常描写とエロ描写が相まってエロシーンがいっそうエロく感じられるという素晴らしい効果が発揮されています。これぞ、エロゲ。ノア可愛いよ、ノア。フィリアえろいよ、フィリア。

 特別とんがったところがない作品なので、エロゲの枠を超えた評価は受けづらいとは思いますが、「普通のエロゲ」のお手本みたいなゲームですね。ラブコメ好きなひとにはオススメです。買って損はしないでしょう。