『スーパーマリオギャラクシー2』。

 『マリオ64』をクリアしてから、と思っていたんだけれど、意外にむずかしい『マリオ64』を放り出してしまったので結局買った。

 とりあえずワールド1をクリア。やべ。超おもしろい。まだ序盤も序盤のこの段階で★★★★★付けたくなるような完璧なおもしろさ。さまざまなアイディアに満ちたコース設計は前作通りだが、今回は初心者でも簡単に世界へ入れるよう工夫された親切設計が素晴らしい。

 そもそも、前作は序盤の段階で「こんなのクリアできねえよ!」と思うようなかなり凶悪な難易度設定だった(クリアしたけれど)。幼児をプレイヤーから排除しているなあ、と思ったものだ。しかし、今回はいつものマリオ程度に難易度が下げられている。

 しかも、ただ簡単になっているだけではなく、コースの各所に行く先のヒントを表示する「ヒントテレビ」が立っていたり、同じ箇所で死につづけると自動でクリアできるようになっていたり、あらゆる意味で親切。辛抱強くないプレイヤーが途中で投げ出すことを防止している。

 ま、前作は前作で★★★★★クラスの超名作だったんだけれど、入りやすさという意味では今作に軍配が上がると思う。前作の問題点を正確に把握し、改善に努める任天堂の真摯な姿勢が感じ取れる。

 あまりにさまざまな操作ができるために、かえってマニアックな印象を与えてしまう3Dマリオだけれど(じっさい、セールスは2Dマリオに及ばないわけだ)、この破格のおもしろさをしらずに済ませるのは損。Wiiを持っているひとはぜひプレイしてほしい。普通のゲーム何本ぶんかわからないほどの膨大なアイディアがあなたを待っている。

 少なくとも迷っているひとは「買い」でしょう。さて、続きをやろうっと。まだまだ冒険は始まったばかりだ。