駄文。


 ひさしぶりにまともにブログを更新してみたわけですが、いや、たまに更新する限りにおいてはやはりブログはいいものですね。なんといっても文章を書くことは楽しい。

 ぼくの場合、アイディアを決めずに書くとただ空虚に言葉があふれ出るばかりでまるで中身のない文章になりがちなのだけれど、それでもいいならいくらでも書けるなあ。

 より文章の密度を上げるためには必然、推敲という作業が必要になってくるわけですが、さすがにブログの文章を一々推敲するのはめんどうくさいので、「Something Orange」の文章はだいたい書きっぱなしですね。

 時にはきちんと遂行して凝縮した文章を上げることもありますけど、まあ、そんなに頻繁ではない。

 そういうわけでこういう駄文は本当にいくらでも書けるわけですが、ただ文字数を稼いでいるだけで、いくら経っても話が進まないという問題があります。

 これでいいのか! 悪いというとまた書けなくなるので、仕方ない、このレベルで我慢することにいたしましょう。では、続きをお読みください。