「萌え」と幼児性愛のあやうい関係。


 今日もまたコメントの流用から入る。アニメの性描写にかんする記事についたコメントである。

しかし昔を思い出すと、お茶の間で観るアニメにおっぱいとパンツが多かった気がするんですけどね。今よりは。

 『シティハンター』とかもあったわけですからねえ。でも、『シティハンター』よりもいまの萌えアニメのほうがやばい気がする。なんでだろ。

 ようは性的なものが描かれていても、それが作品内だけで完結していればあまり問題はないということなのかな。作中で冴羽獠が性的に興奮することはOKでも、画面の外で視聴者が興奮するような内容はまずい、と。

 アニメ絵のような未成熟なキャラクターに性的恋愛要素が絡むから⇒理解されない⇒気持ち悪い⇒排除のコンボなんだと思います。
 シティーハンターだの少女マンガだのの「成熟している(ということになっている)男女の恋愛・性」だと受け入れられる傾向にあります。

 なんで前者が多くなってきたかというと、まぁ商業的な理由でしょう

画面外がどうかというより、今のアニメやマンガ絵が昔のと比べて幼く見えるっていう理由じゃないですかね。
昔のサービスシーンで興奮した人がいないとは思えませんし。

 まあ、そうだよね、と。「オタク」といわれる人たちがしばしば嫌悪をもって語られる(「キモい」と見なされる)最大の原因は、やはり相対的に幼い外見のキャラクターたちが「女性の性の特化・女性への願望の押し付け」を伴って描写される点にあると思われる。

 まあ、ようするに「萌えキャラ」ですね。あれが外部からは幼児性愛に耽っているように見えるのだ。じっさい、倫理学者の森岡正博は「萌え」は、幼児性愛であると捉えた記事を書いている。

「萌え」って健康的でいいじゃん!という人は、たとえば、この本の表紙を見てみよう。

萌え経済学

萌え経済学



これは著名な経済評論家、森永卓郎による本である。どうして表紙の少女のスカートが不自然にめくれあがって、白い下着と見紛うものが見えているのか。ここにあるものこそが、「萌え」の裏面にあるロリコンペドフィリアの心性であり、その事実はほぼ誰でも知っているはずなのに、マスメディアの場ではみんなでよってたかって、そんなものはないことにしているところのものなのである。
 

 「萌えオタク」は幼児性愛者なのだろうか? さて、ぼくも「萌えオタク」の端くれであるわけだが、じぶんは幼児性愛者だとは思わない。しかし、ロリコンではないのかと訊かれると、一〇〇%否とは答えられないかもしれない。

 世間の「萌えオタク」たちは「あなたはロリコンですか?」と訊かれたらどう答えるだろう? おそらく、「そうです」と答えるひとも一定数に達すると思う。じっさい、ネットでは「ロリコン」を名乗って活動している「オタク」が多数存在する。

 しかし、これが「あなたは幼児性愛者ですか?」という質問だったら? おそらく、「否」と答えるひとのほうが圧倒的だろう。ほぼ同じ意味でありながら、「ロリコン」と「幼児性愛者」には格段の差がある。

 「ロリコン」は笑い話の種で済むが、「幼児性愛」という言葉の感触の生々しさはジョークにすることを許さないものがあるのである。幼児性愛者がいかに社会で忌まれているか、一例をお目にかけよう。

 作家の梁石日ヤコブ・ビリング『児童性愛者』の解説のなかでこう書いている。

 デンマークでは「児童性愛愛好者協会」という団体があり、法的に認められているとのこと。これには驚かされる。つまり児童性愛者(以下ペドファイルとする)は法的に保護され、結社の自由を認められているのである。世間ではうとんじられているが、法的に認められている以上、彼らの行動は自由なのだ。人間の自由と権利が尊重され、保障されなければならないという法の精神の大前提のもとにペドフィアルの存在も法的に認められなければならないというわけである。では、五歳・六歳、あるいは八歳・十歳の幼い子どもの人権はどうなるのか。大人の巧みな陷穽と暴力の前で無力な幼い子供たちの人権をこそ守られなければならないのに、ペドファイルの人権が法的に認められているのは矛盾もはなはだしいのである。

児童性愛者―ペドファイル

児童性愛者―ペドファイル

 幼児性愛者の人権を法的に守るべきではないというのである! 衝撃的な発言だ。憲法で万人に認められているはずの基本的人権をある性的志向の人間には認めるべきではない、と作家が公の場で発言して、ほとんど問題になっていないのだから。長くなるが、さらに引用する。

 ペドファイルは単に個々人の性的偏向や精神病理学的な問題ではなく、人間の性が内にかかえ込んでいる陰湿で卑劣な欲望の自己表出にほかならない。戦争や紛争で家族が離散し、多くの幼い子供が孤児として路頭に迷い、それらのストリート・チルドレンが人身売買され、劣悪な労働を強いられ、ペドファイルの絶好の餌食となるのだ。いわゆる南北問題の貧富の格差がもたらす埋めがたい矛盾の吹き溜まりにペドファイルは触手を延ばしてくるのである。私たちは日常的にペドファイルに出会うことはない。なぜならペドファイルは善良な市民の顔を装っているからだ。だが、ペドファイルの内面には性と暴力と快楽のやみがたい潜在的な欲望がもっとも幼い子供を虎視眈々と狙っている。支配する者(大人の力)と支配される者(幼く無抵抗な子供)との絶対的な関係性(サドやマゾとはちがう。サドやマゾは性的指向にある種の合意が成立している)においてのみ快楽を満たそうとする。非人間的な行為である。子供の人格を破壊してまで満たそうとする性の快楽とは何か。それは理性の破壊をも意味しており、ファシズム的な欲求のあらわれである。いわば人間の性は他の生きものとはまったく別なもの、自然が内に秘めている力を変質させて、欲望の反自然性をはてしなく拡大してきた結果である。娯楽の道具としての性を極限にまで対象化したのがペドファイルである。

ヤコブ・ビリング『児童性愛者』解説

 ここで描写されている幼児性愛者の姿は、子どもを狙う陋劣な悪魔以外の何者でもない。しかし、このような見方は、おそらくは世間でごく一般的なものだろう。梁石日だけが特例、とは考えがたい。

 先日、『MILK』という映画を見た。「ゲイの市長」と呼ばれた男、ハーヴィー・ミルクの先導による同性愛者の公民権運動を描いた映画だ。まず名画といっていい出来だと思うので、ぜひたくさんのひとに見せてもらいたいのだが、この映画のなかでもゲイと並んで小児性愛者は変質者の代名詞として扱われる場面があった。

ミルク [DVD]

ミルク [DVD]

 しかし、仮にかれらがゲイのように公民権運動を起こしたとしても、それが世間に認められることはないだろう。あらゆる欲望を認めてきたこの社会で最後の最大のタブー。それが幼児性愛なのだ。「オタクのキモさ」の裏には、こういった幼児性愛への社会的嫌悪感がある。

 それでは、「萌えオタク」と幼児性愛者のあいだにラインを引くことは可能だろうか? おそらく不可能だろう。オタク趣味、オタク文化を単なる趣味や文化の問題と割り切れない理由はここにある。

 その意味では、「萌えアニメ」はいつまでも「キモい」ままで、社会的に普及することはないだろう。そこにどうしようもなくただよう幼児性愛の匂いが世間には受け入れられないのだ。これが「オタク」にとって最後の壁だろう、と思う。

 幼児性愛者の実態に迫った『欲望のゆくえ 子どもを性の対象とする人たち』という本がある。

欲望のゆくえ 子どもを性の対象とする人たち

欲望のゆくえ 子どもを性の対象とする人たち

 この本の著者は、自身、幼児期に性的虐待を受けた経験をもつ女性で、「子どもを性の対象にするとはどういうことなのか?」という疑問を徹底的に問い詰めていく。

 その視点は、先の梁石日とは対照的に、徹底的に公正で客観的である。この本のなかに、「ロリ系」の漫画を描く男性と、「ショタ漫画」を描く女性が登場する。

 かれらは「オタク」であり、「幼児性愛者」の範疇にも入りそうな人物であるが、同時に「普通の人」でもある。少なくとも、梁石日が描き出すような悪魔ではない。ぼくもまた、そういう人間として、じぶんを定義したいと思う。そして、そういうじぶんを肯定したい。

 ぼくとしては、他者から「キモい」といわれたとしても、「そうですか」としか答えられない。それはぼくの問題ではなく、かれ/彼女がぼくを見つめる視線の問題だからである。ぼくはべつに、だれかを気持ちよくしてあげるために生きているわけではないのだ。

 どんなセクシュアルな志向、ないし嗜好をもっているとしても、ぼくはぼくだ。他者がそれを容認してくれないとしても、ぼくはぼくだ。だから、ぼくは他人の性的志向や嗜好も認めたい。その意味で、ぼくは幼児性愛者を否定することはないだろう。かれらはやはり、同胞である。

自分と違うことをしてる
人をうらやんだりしたけど
やっぱり僕は僕だから
ダメな自分も好きにならなくちゃ

槇原敬之『ミルク』

 付記。

 幼児性愛についてネットで調べていたら、世界的な子ども買春防止組織であるECPATのサイトでこんな記述を見つけた。

例えばカナダでは、刑事法810条では「予防裁判(preventative justice)」と呼ばれるものを扱っている。それによって州裁判所判事は、14歳以下の子どもを暴行したと警察が正当な理由により判断した者に一定の制約を課すことができる。その制約とは、
・性衝動抑制剤の注射を受ける
ポリグラフ・テストを受ける
・精神科の手段治療に出席する
・定期的に地元警察に連絡する
等である。

判事の決定は、過去の犯罪歴だけではなく、将来の犯罪の可能性を示す精神医学的査定にも基づいて下される。この方法によって、過去に加害歴がなくてもぺドファイルと診断された者が今後、犯罪を犯すのをほぼ間違いなく防止できる。

 書かれ方が曖昧なのでよくわからないのだが、カナダでは「将来の犯罪の可能性を示す精神医学的査定」にひっかかったら、過去に加害歴がなくても「性衝動抑制剤」とか注射されちゃうということだろうか? うーん。人権上非常に問題がある気がするのだが、これだけの記述ではなんとも判断できない。

 ちなみに、いうまでもないことだが、ぼくは児童買春や児童ポルノにかんしては、当然、根絶をめざすべきだと思っている。チャイルド・マレスターを許容する気も全くない。しかし、それと児童性愛者の人権とはまた別の問題である。