「まとめ」と「捏造」は紙一重。


 「Togetterで意図しない文脈で発言を使用される問題」というまとめがTogetterに上がっている。言葉通り、Togetterでじぶんの発言を意図とはべつの文脈で使用されることに対する違和を語った呟きのまとめである。個人的には、非常に共感できる内容だ。

 ご存知ない方のためにかるく書いておくと、TogetterとはTwitterの呟きのまとめを簡単に作れるサイトである。ただ時系列順に発言を並べるだけでなく、言葉を文章を装飾したり、前後の順番を入れ替えたりすることもできる。

 ちょっと考えてみれば、この機能を利用すればある呟きを本来の文脈から切り離してまったく別の意味に見せかけることもできることがわかるだろう。極論すると、こういう捏造まとめを作ることも可能なのである。

 このまとめだけを見るとあたかも敷居さんとlastlineさんがぼくの発言に賛成しているように見える。しかし、じっさいには敷居さんたちが「賛成、賛成、大賛成」と書き込んだのはぼくが「ロリコンは正義だ!!」と書き込むより前のことである。時系列が逆転しているのだ。

 まあ、たしかにこの程度のまとめ方なら、捏造されていることは見破れるだろう。しかし、もっと巧妙に文脈を変えてしまったら、事情をしらない人間には見破れないものができあがるはずである。もし悪意をもってそんなまとめを作るひとがいたら――?

 Togetterにはある種の危険性があることがわかってもらえたと思う。もちろん、ぼくはだからTogetterはダメだ、というつもりはない。ただ、慎重に使用する必要があるといいたいだけである。少なくともTogetterは客観的事実をそのままに記したものではないことは理解しておくべきだ。

 え? お前、このあいだ某大手ライトノベルサイト管理人のスキャンダルをでっちあげて広めたじゃないかって? いや、ぼくは事実を客観的に書いただけですよ? その証拠に、敷居さんたちも共感してくれている。

 ほらね? いやあ、よかったよかった。情報操作万歳!

 なお、いうまでもなく、本論の趣旨は_BEWさんが発言を捏造しているという意味のものではありません。念のため。