『あの子はぼくをパズルさせる』。


 『リバース/ディテクティヴ』をリライトした『あの子はぼくをパズルさせる』、書き終わりました。だいぶよくなっているのではないかと思うのですが、どうかな。書き手の自己評価はあてにならないからなあ。

 書き終えて思うのは、リライトは作品を歪ませるということですね。もともとそれが最善の形だと信じて書いたものを書き直すわけだから、あたりまえといえばあたりまえなのだけれど、直せば直すほどどこかが歪む。

 特に今回は一章丸々削ってべつの内容に書き換えるとか、わりとめちゃくちゃなことをやっているので、ひょっとしたら完成度が落ちているかも。もちろん、それでも書き直したほうがいいと思ったから書き直したわけだけれど――まあ、やはり、さいしょから最善の形で生み出せるに越したことはないということですね。

 電撃大賞の締め切りまでまだ二ヶ月以上あるので、これをさらに一ヶ月くらい寝かせて、客観的にみれるようになってからさらにリライトしたいと思っているのですが、さて、どうなるやら。えんため大賞に送る作品も書かないとなあ。頑張ります。はい。