これこそ男子が読むべき漫画!


 ここ最近、漫画がおもしろくてたまらない。

 『ベイビーステップ』や『ネギま!』はまあ当然として、『はじめの一歩』が貫禄のおもしろさを見せてくれていることが嬉しい。ここ何巻かいまひとつ冴えない展開が続いていた気がするんだけれど、やっぱりさすがだねえ。

 『ONE PIECE』、『HUNTER×HUNTER』はいうまでもないし、『マギ』、『神のみぞ知るセカイ』もすばらしい出来。『弱虫ペダル』の盛り上がりはすごいし、『刃牙』がようやく最終決戦へ向かっているようすなのも見逃せない(まだ外すかもしれませんが)。

 青年誌に目を向ければ『医龍』、『MOONLIGHT MILE』、『かぶく者』、『ピアノの森』、『ヴィンランド・サガ』、そして『バガボンド』など注目の作品には事欠かない。現代漫画は間違いなくおもしろい。躊躇なくそう断言できる。

 でも、ここら辺の作品はどうせ誰かが取り上げるだろうから後回しにするとして、今回はネット書評界隈で取り上げられなさそうな作品を扱うことにしよう。『コーラス』連載の『情熱のアレ』である。

 この作品、テーマはずばり「セックスレス」。下ネタは苦手だけれどじつはセックスは好き、彼氏とのセックスレスに悩む主人公が「大人のおもちゃ」専門店を手伝うことになって――というお話なのですが、いや、おもしろい。

 『コーラス』連載だから、間違いなく女性読者に向けて書かれているんだけれど、男性読者としては男のほうの気もちもわかるんですよ! こう、男の見栄? プライド? それが、色々邪魔したりするわけです。

 ばかばかしいといえばもちろんばかばかしい。けれど、やっぱりさ、あるじゃん? 男は繊細な生きものじゃん? 男がリードしないといけな気がするじゃん? で、その挙句、セックスできなくなっちゃったりするわけで――この漫画はそこらへんの心理をていねいに描いています。

 「Something Orange」の数すくない女性読者の皆さん、うそだと思ったら恋人の耳もとに「へたくそ」と囁いてみてください。3日間くらい死んでいるはずです。ていうか、一生の瑕になる。きっと。男の子ってそういう生きもの。

 そういうわけで、セックスやセックスレスにかんする女性側の心理をしりたい男性読者にもお奨めできるちょいとお奨めの作品なのでした。

 ちなみに、ぼくも下ネタはダメですね。エロゲの話は平気でしますが、ぼくがやるエロゲは基本、エロくなから問題なし。

 ちなみにこの作品、第1話と第2話をネットで読むことができます。専用ブラウザを落とさないといけないのがちょっとアレですが、気になった方はここから読んでみてください。ページの下のほうです。