自分から話しかけるなんてできない。


 ども。海燕です。

 最近、チャット用に新スカイプアカウントを取って、「いつでも話しかけて来てください」と告知しているわけですけれど、いまのところ、ほとんど話しかけてくれるひとはいませんねえ。はっきりいうとひとりだけです(ありがとう!)。

 気楽に話しかけてくれると嬉しいんですけどね。とはいえ、こんなシステムを取っているのも、ぼく自身がじぶんから誰かに話しかけることができないからなんですけど(笑)。

 やっぱり、知らないひとに話しかけるのって気おくれするよね。「いま忙しいのにうざっ。空気読めよ」とか思われているんじゃないか、という疑念が拭えない。いや、友人知人相手ですらそう思うことはある。

 チャットも、入りたいと思っているひとはもう少しいるんじゃないかと思うんですよ。ROMがけっこう何十人とかいるわけだから。でも、やっぱり親しい人同士で話し合っているところに入り込むのってきついですよね。うん、知らないひとに話しかけるのは非常に勇気がいります。

 ぼくなんか、Twitterでリプライするのもけっこう度胸がいるもん。「何こいつ友達でもないのに@とか飛ばしてくんの?」と思われるんじゃないかと思うと戦々恐々ですよ!

 で、勇気を出して話しかけてみて無視されたりすると落ち込みますよ。このひと、ぼくのこと嫌いだったのかも、うっかり話しかけてしまってむかつかれたかも、とか思いますよ。暗いですよ。人間失格ですよ。

 それから、ひとのブログにコメントつけるのもね、けっこうためらいますね。ていうか、ぼくは最近、ほとんどコメントしないんですけど。やっぱりね、「このコメントごとお前の存在を消去したいわ!」とか思われるかも、という気がするんですね。異性のブログだったりするとなおさらです。

 ていうか、ブクマするだけでもけっこう気がひけますよ。気楽に書いたことが不快感を与えたら! もしひとの心の神聖な花園に踏み込んでしまったらどうしよう! とかね、そういうことをね、ぐじぐじ考えるんです。ええ。

 じぶんのブログで取り上げるのはけっこう平気なんですけどね。やっぱりここはじぶんのテリトリーだという意識があるんでしょうね。

 あとね、mixiのマイミク申請ができない。たしかぼくは面識のないひとにマイミク申請したことはないはず。マイミクになりたいにゃー、と思うひとはいても、向こうから申請してくれるのを、こう、蜘蛛が巣を張るようにしてじーっと待っているんですね。

 だって、申請して断られたら傷つくじゃん。「まさか、こいつ、わたしのこと友達だと思っていたの? 正直キモいんですけどー」とか思われていたらどうしようとか思うじゃん!

 あと、あと、さらにハードルが高いのがオフ会ね。ぼくはいつも「気楽に参加してください」とかいっているんだけれど、じぶんが参加する側になると、そんなもん、気楽に参加できるわけねーべさ、とか思う。

 だって、だってさ、知らない人がいるんだよ! 怖いよ! 「海燕って実物はつまらない男だったね」とか思われたらどうしようとか考えるでしょ! 「お前なんか呼んでねーよ。しっしっ」とか冷たい目で見られたら生きていけないですよ! うちに帰って布団かぶってガタブルガタブルですよ!

 まあ、そういう意味ではぼくはほんと、人見知りですねえ。たとえネットであれ、知らないひとに話しかけるのには超勇気いりますよね。時々、だれにでも平気で話しかけられるというひとがいるけれど、ぼくから見ると超人の域ですね。ええ、神に最も近い男です。

 そういう意味では、気楽に賛意を表明できるはてなスターっていいシステムだな、と思います(導入されたときは非難轟々だったけれど)。

 しかし、それを思うと、ぼくに話しかけてくれるひとたちは本当にありがたいです。こんな取っ付きづらい、性格悪そうな、オタクの負の側面を煮詰めたようなブログ主にお声をかけてくださるだけでも感謝感激です。

 ネットを始めてからそろそろ十年くらいは経つと思うんですけど、そのあいだにたくさん友人や知人ができました。ネット人見知りのぼくがそこまでたどり着くことができたのも、あたたかい人柄の方がたくさんいらっしゃるからだと思います。

 そういうわけで、きょうも誘い受け状態で待っていますので、良ければsomethingorange2をスカイプ登録してやってください。大丈夫、邪険に対応したりしませんから。

 お友達になりましょう。