『乙嫁語り』。

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)

 そこは、遥か、遥か、遠い地。

 いま、この場所から百数十年の時間と数千キロの空間を隔てた土地、後世に「絹の道」として知られる草原の、とある地方都市を舞台に、その物語は幕をあける。

 すべての始まりは、ある一家に、ひとりの女性が嫁いできたこと。彼女は二十歳。しかし、花婿は未だ十二歳に過ぎぬ。不釣り合いとも見えるこの夫婦は、しかし、ゆっくりと、しずかに、細やかな情愛を育てていく。

 ところが、彼女の生家が花嫁を返せといいだしてきて、と、話は急展開を迎える。いったいこの夫婦が正しく結ばれる日は来るのだろうか?

 全十巻で堂々完結を遂げた『エマ』に続く森薫の新連載は、シルクロードを舞台に、草原に生きる人々の暮らしを描いた作品。

 ヴィクトリア朝とは打って変わって草原の土地を舞台にしているものの、服装や小物のひとつひとつから「異世界」を浮かび上がらせるその匠の手際は変わらない。否、それは、『エマ』の頃よりさらに繊細さを増しているようにすら思える。

 さすが、森薫、そこらの凡庸な漫画家とは比較にならない技量である。

 『ヴィンランド・サガ』といい、この作品といい、いまの日本人の生活実感とはかけ離れた世界を、単なる物珍しさではなく、敬意と愛情をもって描く作品が存在するということは、誇っていいことだろう。現代日本の漫画がいかに高いレベルにあるか、それを象徴するような作品であるといえる。

 物語はまだ始まったばかりで、『エマ』と比べてどうこう、と語れる段階にはない。だが、遥かな異郷を細密に描写する手練の、その水際立った巧みさはどうだろう。

 巧い、巧すぎるよ、森薫。野を馳せるけものたちのその足音、その息遣いまでこの耳に届くかのようではないか。

 この地では、生と死とは、現代日本よりずっと身近にある。すべては生命のリズムに沿って、活き活きと脈動しているのである。何もかも皆、うつくしい。

 とりあえず読んでおけ!の傑作、開幕である。