『芙蓉千里』。

芙蓉千里

芙蓉千里

 一ページも読んでいないが、タイトルと作家名だけで傑作の予感がする。