自由な言論。

 疑問に思ったことをいくつか。


 「映画の半分の見逃している(に等しい)」ということは、悪いことなのでしょうか。「批判者」に「納得」してもらわなくてはいけないのでしょうか。他人と関わるときに、「正当か不当か」という個人の価値基準を押し通すのは自己満足のためにしか思えないんですがどうなんでしょうか。


 また、


>この記事自体が「何の準備も覚悟もないちょっとした呟き」なのだから、そんなふうに「一方的に責め立て」ないでください、といったら、納得しますか?


 と、ありますが、わたしなら問題なく納得できます。「ああ、そういうつもりだったの。じゃあやめるわ」って退き下がります。kaienさんはできないんですか?


 どう受け取られるかどんな反応をされるかは選べないけれど、書き手の意図というものはありますよね。


 批判して悪いわけじゃないけど、これは批判の対象にすべき文章じゃないなと、何となく判断できるものだと思うし、「ちょっとした呟き」というのも、そういう意味合いの言葉ではないでしょうか。詩文に論理性を求めても仕方ないでしょう? 仕方なくないのかな?


 増田への批判関連の記事は、読めば読むほど首を捻る内容でした。


 特に返信は必要としていません。こちらのブログも最近ではたまにしか拝見していませんし。

 ということですが、「公開可」になっているので、届くことを期待しないで返信しましょう。

 「映画の半分の見逃している(に等しい)」ということは、悪いことなのでしょうか。「批判者」に「納得」してもらわなくてはいけないのでしょうか。他人と関わるときに、「正当か不当か」という個人の価値基準を押し通すのは自己満足のためにしか思えないんですがどうなんでしょうか。

 第一に、ぼくは「悪いこと」だとはいっていません。ただ、そうだといっているだけです。それもいいすぎだった、と認めています。

 第二に、「正当か不当か」は「個人の価値基準」に過ぎない、それは「自己満足」だ、というなら、あなたは何のためにぼくにメールを送ったのですか? 

 ぼくの言い分は不当だ、「読めば読むほど首を捻る内容」だ、と感じ、それを主張したかったのではないのですか? 少なくとも、メールの内容はそうとしか読み取れないのですが。

 ぼくはあなたのそういう行動を正当だと認めます。いいたいことがあったらいえばいいのです。そして、同様に、ぼくの行動も正当だと考えています。特に矛盾は感じません。

 と、ありますが、わたしなら問題なく納得できます。「ああ、そういうつもりだったの。じゃあやめるわ」って退き下がります。kaienさんはできないんですか?

 できませんね。ぼくは広く公開された文章において、「書き手の意図」は問題ではないと考えます。書かれた内容が問題なのです。批判されるべき内容を書いてしまったら、その意図がどうであれ、批判されても仕方ない。そうではありませんか?

 もちろん、そこで「書き手の意図」を汲んで、批判しないことは自由でしょう。しかし、批判することも自由です。そして、その批判の内容に問題があったら、それもまた批判されます。まさに今回の例のように。それが自由な言論というものなのでは?

 「書き手の意図」こそが重要なのだとすれば、サイトトップに「ここに書いたことはすべて個人のメモです」とでも書いておけば、それだけで一切の批判を免れることになりますね。それはあきらかにおかしい。そうは思いませんか?