推薦と困難。

 海燕さんが書く「CROSS†CHANNNEL」の感想はボクも読んでみたいです。

 「SWANSONG」クラスの名作と比べると、完成度では負けると思いますが(なんていうか「完璧!」って評せる内容ではない)、衝撃度や感情に訴えかけてくるものは同等かそれ以上だと思います。 時間が無いのなら、田中ロミオガガガ文庫で出版している「AURA」を読んでみるのもいいと思いますよ。「クロチャ」や「最果てのイマ」でロミオが描いているテーマ、その一部を抽出して一冊にまとめ上げられてますから。

 『CROSS†CHANNEL』、実はインストールしてあるんですけどねえ。なかなか、手が出ない。

 本当のところ、時間はないわけじゃなくて(本当になければブログを更新できるはずがない)、あるものを活用できていないだけだと思うんですけれどね。

 ロミオ作品は小説も含めて何作か読んでいるんだけれど、「器用なひとだなあ」という感想で、あまり、「天才!」って印象じゃないですね。

 『CROSS†CHANNEL』は天才的な作品なのかな。うわさはよく聞くので、まあ、おもしろいだろうとは思うんですけれど、こういうものは勢いがないと手を出せないものです。

 ひとに作品を薦めて読ませるということは、ペトロニウスさん的にいえば、「動機に感染させる」ことであるわけで、なかなかむずかしいことであるよなあ、と最近は思います。