少女漫画から少年/青年漫画へ。


 続いて、匿名のメール。

 魅力的な女性人物〜の記事に対しての感想です。

 私は少女漫画から少年・青年漫画へ傾向が変化した女です。

 べたべたの少女漫画好きだった私が少年・青年漫画ばかり読むようになったきっかけは、「恋愛至上主義」の話に飽きたことと、記事で書かれていた「魅力的な女性人物」を求めたことがきっかけでした。

 私は作品の中で女性人物を好きになることが多く、そのため作品では魅力的な女性を求めることが多いのですが、少女漫画にはそういった魅力的な女性は少なくて、結果少年・青年漫画ばかり読むようになりました。

(少女漫画の中でも、槇村さとる萩尾望都あたりは恋愛至上主義に偏っていないため今も読んでいますが)

 長年私の中で魅力ある女性人物を探し求めてきましたが、漫画だけでなく小説含め、女性人物が魅力的な作品って少ない気がします。

(ここでいう私が求める魅力ある女性人物は、海燕さんの求める女性人物と似ていると思います。)

 私の読書数の少なさや幅が狭いため、魅力ある女性人物の存在に気づいてないということもあると思いますが、男性人物が活躍する作品が多いように感じます。

 女性人物が活躍していても恋愛に走ってしまったり、男性人物よりも劣っているように描かれているものが多かったり…(もしくはサブ扱いだったり)。

 それがとてもさびしいです。

 もっと女性が活躍する作品が読みたい!と切望する日々です。

 記事の主張と、海燕さんが求める意見とは大分違う内容になってしまいましたが…。

 1つの意見として読んでもらえると嬉しいです。

 やはり、そういうふうに思われる方もいらっしゃるんですね。

 ぼくも萩尾望都槇村さとるの作品は好きでよく読んでいます。特に槇村さんの漫画は「恋愛よりも自立の方が先!」という姿勢がはっきり出ているように感じられます。

 もっとも、ぼくがいう「魅力ある女性人物」とは、必ずしも「強い女性/自立した女性」の意味ではありません。ここらへん、非常に微妙な話ではありますが、弱くても魅力的な人物はありえるとは思う。むずかしいでしょうけれど。

 そういえば、『DEATH NOTE』の弥海砂なんかも、出てきた時は夜神月に匹敵する人格に見えたけれど、すぐに恋に溺れる女になってしまったな、などと思い出したりします。