漫画を読んで「人間らしさ」について考えた。


 いまさらになるが、ペトロニウスさんのこのせつ(このか×刹那)、せつあす(刹那×明日菜)の記事がおもしろかった。

 内容を要約することはむずかしいので、ぜひ、リンク先へ飛んで読んでみてほしい。

 で、ぼくは別の側面から先々週の『ネギま!』を語ってみようと思う。「人間らしさ」とは何か、という話である。

 先々週の『ネギま!』は、敬愛するこのかとの幸福な生活に慣れた刹那が、自分はだらけてしまって弱くなっているのでは、このままではこのかを守り抜けないのでは、と悩むという内容であった。

 そもそも、刹那という人物は、何か暗い過去をもっているらしく、冷酷非情な内面のもち主だったようである。しかし、ネギやこのかと楽しく暮らすうちに、次第に人間らしく変わっていく。そのことが自分を弱くさせているのではないか、と彼女は悩むわけだ。

 しかし、そもそも「人間らしさ」とは何だろう?

 ここで突然話が変わるのだが、山本弘に『アイの物語』という小説がある。人間が生み出したマシンが世界を支配する時代を描いたSF小説である。

 この作品のなかで山本は、マシンの方が人間より倫理的に正しいというテーマを打ち出している。

 感情に揺り動かされ、その時々で悪に走ることもあるヒトよりも、マシンは優れているというのだ。

 だが、ぼくがこの小説を読んで思ったのは、常に画一的な倫理にしたがって行動するような存在の、いったい何がおもしろいのか、ということだった。

 なるほど、それはヒトより倫理的に優れた存在といえるかもしれない。しかし、ヒトより面白みのある存在とはいえないだろう。

 そこに「人間らしさ」、ヒトをヒトたらしめている魅力はない。もちろん、だから悪いというわけではない。人間とは全くべつの、比較することも愚かしい存在だという意味である。

 何がいいたいかというと、単なる正確さ、精密さ、ロジカルな正しさ、といった美徳は、もはや「人間らしさ」とはいえない、ということである。なぜなら、それらの点においては、いまやヒトよりも機械の方が上回っているからだ。

 だから、ぼくは、人間らしさとは、その正反対のところ、論理を超越したところにあると思っている。

 つまり、時に利益を度外視して行動できるということ、それが「人間らしさ」ではないか。

 「人間らしい」とは、常に正しい選択を選び取るということではなく、時に矛盾して見える行動を採りえるということだと思うのである。

 したがって、刹那は、「人間らしく」なればなるほど、常に一○○%の力を出すことは出来なくなっていくだろう。ヒトは機械のような精密さは発揮できないのだから。

 しかし、それでも時に一二○%の力を出すことができるかもしれない。それがヒトの可能性だと思う。だからこそ、刹那が人間らしくなっていくことは単に弱くなることではない。

 この先、ヒトとして成長した刹那が、より強くよりしなやかに変わって行く展開を楽しみにしている。

DVD付き初回限定版 魔法先生ネギま!(27) ([特装版コミック])

DVD付き初回限定版 魔法先生ネギま!(27) ([特装版コミック])

アイの物語 (角川文庫)

アイの物語 (角川文庫)