タバコの話は続く。

5月19日の記事より。

私の考えは、115さんに似ています。

喫煙者のことを「死ね」と思うことがあります。

一方でタバコの存在を妬み、この世から消えて欲しいと思っています。

しかしながら、タバコの文化性を一方的に否定しようとは思いません。

喫煙者のマナーの悪さが目に余ります。

未成年や妊婦の前でタバコを吸うなど言語道断です。

歩きタバコやポイ捨て、未成年の喫煙も問題ですよね。

マナーさえ守ってくれれば、全然吸って頂いて構わないんです。

吸いたい人だけ吸ってればいいんです。

でも、私たちには迷惑をかけないで!!

食事がまずくなります。

洋服が臭くなります。

不愉快です。

空気を勝手に汚す権利、

周囲の人の気分を害する権利、

喫煙者のみなさんにはありませんよね?

あなたの喫煙行為を迷惑だと思っている方が多数います。

たくさんの被害者を生んできたと言っても過言ではないです。

あなたたちがやっていることは、人として最低の行為です。

マナーを守れない人は大人ではありません。自覚して下さい。

 ご意見、おおむねその通りだと思います。

 ただ、ぼくがいいたいのは、マナーが悪い人を基準にして喫煙者全体を非難することはおかしい、ということです。

 喫煙者全体がマナーが悪いわけではないわけで、そこは切り分けていく必要があるでしょう。一部の罪を全体に着せるわけには行きません。