ひとのオナニーを責めるべからず。

今までレイプ・エロゲをやる女性が理解できず、怒りを抑えるのに必死でしたが

この文章を読んでやっと理解ができました。

(中略)

つまり彼女たちもまた傷ついているのであって、ただのレイプ擁護者ではないのではないでしょうか?

レイプに怯える心を落ち着かせるために必死に「レイプは悪くないんだ」「自分はレイプエロゲを楽しめるほど強いんだ」と自らにいいきかせているのではないでしょうか?

男社会で生きていくための適応と嘲笑だと考えると納得がいきます。

これを理解してしまうと彼女たちへの怒りはにぶります。

彼女たちは女性差別の主体ではなく犠牲者なのです。

 それはないのでわ?

 ぼくは男だから、女性がどういう意識で「レイプ・エロゲ」をプレイするものなのかはわからない。

 しかし、そういう女性たちがその種のエロゲをプレイしながら、「レイプは悪くないんだ」と念じているとはとても思えない。

 べつだん、「レイプ・エロゲ」をプレイしているからといって、レイプを肯定しているわけでも何でもないでしょ。あくまでもフィクションとして楽しんでいるだけで。

 で、ここから先はぼくの想像、あるいは妄想になるのだが、そもそも、「レイプ・エロゲ」をプレイするとき、犯される女の子の立場に自分を置いて被虐的に楽しんでいる女性プレイヤーは少数だと思う。

 やはり、大半のひとは男性プレイヤーと同じく、主人公視点、あるいは傍観者の視点でプレイしているのではないか。

 もちろん、被虐趣味をもつ女性のためのポルノもある。一部のレディースコミックとか。

 森岡正博『自分と向き合う「知」の方法』には、こんな記述がある。

 腹を割って話してくれる女性たちによれば、彼女たちは「レイプされてみたい」という性的な妄想をはっきりともっている。マスターベーションをするときの性的ファンタジーの定番は、自分がどこかに閉じこめられて、縛られて、誰かに無理やり犯されているという状況であるらしい。そういう状態の自分を想像するときに、とても感じやすくなる。

 その傍証としては、ちまたにあふれている女性用の「レディースコミック」を覗いてみればいい。そこにあるのは、主人公の女性たちが罠にはめられて全身を縛られて、無理やり男たちに犯されているストーリーのオンパレードだ。女性たちがこれらの雑誌を買う目的はひとつ(だと女性の友人は言う)らしいので、その根深さのほどが分かるというものだ。

 そういうレディコミはたしかにマゾヒスティックに楽しむべきものだろう。しかし、だから女性のセクシュアリティは一般に被虐的なものだ、とはいえない。

 男性向けのエロゲをプレイしている女性がレディコミを読むのと同じ感覚でエロゲを楽しんでいるとは考えがたい。何といっても、作品そのものがマゾヒスティックな欲望を満足させるようには作られていないわけだから。

 それにしても、女性がわざわざ男性向けのポルノを男性人物視点で楽しむ、そんなことがあるのだろうか。

 あるんじゃね、とぼくは思う。

 「男性人物視点で」楽しむことと、「男性になりきって」楽しむこととは違う。「かわいい女の子が犯されているところを男性人物視点で見るのが好き」という趣味の女性は、少数ではあるにしろ、一定数いる気がする。

 ここで重要なのは、どんな性的ファンタジーを好むとしても、現実世界における性犯罪や性暴力を肯定しているわけではない、ということ。

 森岡はいう。

「想像の世界では、あるいは愛する恋人とのあいだでは、被レイプ願望に身をゆだねて快楽を奪い取りたいが、実際の世界では男女平等で対等な関係意外は拒否する」というような女性のスタンスが貫き通せるほど、この世界は甘くない。

 なぜそう考えるのか、ぼくにはわからない。

 どんな性的ファンタジーをもっているかということと、現実世界でどういう権利を要求するかということは別のことでしょ。性的マゾヒストが「実際の世界」で対等な関係性を要求しても、何もおかしくないと思う。

 性の迷宮は小暗く、奥深い。そこにはあらゆる倒錯が満ちている。どんな異常な妄想を好むとしても、そのことによって現実の権利を奪われることがあってはならない。

 ひとのオナニーを責めるべからず。

自分と向き合う「知」の方法 (ちくま文庫)

自分と向き合う「知」の方法 (ちくま文庫)