健康の退屈、喫煙の快楽。

禁煙バトルロワイヤル (集英社新書 463I)

禁煙バトルロワイヤル (集英社新書 463I)

 芥川龍之介に「煙草と悪魔」と題する短編がある。

 その名の通り、タバコを巡る悪魔と商人のかけ引きを綴った作品で、さいごは商人の勝利に終わるものの、

 が、自分は、昔からこの伝説に、より深い意味がありはしないかと思つてゐる。何故と云へば、悪魔は、牛商人の肉体と霊魂とを、自分のものにする事は出来なかつたが、その代に、煙草は、洽く日本全国に、普及させる事が出来た。して見ると牛商人の救抜が、一面堕落を伴つてゐるやうに、悪魔の失敗も、一面成功を伴つてゐはしないだらうか。悪魔は、ころんでも、ただは起きない。誘惑に勝つたと思ふ時にも、人間は存外、負けてゐる事がありはしないだらうか。

 という落ちが付く。タバコは悪魔が普及させたものだというのだ。

 本書はそんな「悪魔の快楽」、喫煙を巡る丁々発止のやり取りをまとめた一冊。愛煙家にも嫌煙家にも躊躇なくお奨めできる傑作対談集だ。

 相対するのは漫才コンビ爆笑問題」の太田光と、かれの主治医で山王病院副院長の奥仲哲弥。

 話は肺がんを専門とする奥仲が、喫煙の害毒を語っていくかたちで進む。奥仲は何とかして太田にタバコをやめさせようとするのだが、太田はそのたびにあたらしい理屈をひねり出して対抗する。はたして勝利するのはどちらなのか?

 しかし、「禁煙バトルロワイヤル」という過激なタイトルに惹かれて読みはじめたひとは肩透かしをくうかもしれない。本書の議論は、一方がかたくなに禁煙を押し付けようとし、他方がその態度を「禁煙ファシズム」とさげすむ、そんなお決まりの構図とはひと味もふた味も違っているからだ。

 太田はたしかに愛煙家だが、決して頑迷にタバコを弁護するわけではないし、奥仲は禁煙を訴えながらも、「一日五本までなら吸ってもいいのではないか」と提言する。たがいに相手の立場を思いやる余裕があるのである。

 この「余裕」の二文字こそ、本書にあってほかのタバコ本にないものだろう。したがって、本書の議論の射程は凡庸なタバコ本をはるかに凌ぐ。

 まず、奥仲はタバコの快楽は錯覚だという。しかし、太田はその錯覚こそ快楽の根本だといい返す。あらかじめ自分をマイナスに追い込んでおいて、プラスに転じることを楽しむ、それこそが気持ちよいのだと。

 太田はタバコの快楽を身体の確認に求める。つまり、喫煙した瞬間、のどに抵抗を感じる。それが「ここに管がある、気管があるのか」と確認する喜びをもたらすのだと。

 かれにいわせれば、食事もセックスも同じ「自分の存在を確認する快感」に根ざしている。それだけではない。争いにもまた、相手に何かをぶつけて返ってくるリアクションによって自分の存在を感じる快楽があるという。

 ここにいたってタバコを巡る話は話は人間存在の根幹を扱う話題へと変わる。

 そもそも健康とは何なのか。それは自分の身体を深く実感することがない状態だ。

 肩こりがあるから肩の存在を感じる。腰痛があるからこそ腰の大切さがわかる。そう考えていくと、健康とは身体の確認からかけ離れた状態であるといえる。

 だから、健康は退屈なのだ。平和が退屈であるように。愛煙家がタバコを手放さないのは、必ずしもかれらがニコチンの奴隷であるからだけではない。そこにマイナスを通してプラスへと転じる快楽の基本構図があるからだ。

 両者はタバコを通じて人間にとって快楽とは何か、健康とは何か、平和とは何か、深く考えていく。自然、議論は哲学の様相を帯びる。

 はたして、健康は正しいことなのか? 不健康は悪いことなのか?

 あなたも読んで考えてほしい。