メールにお返事。

 エロゲの主人公は父親不在が多く、母親はヒロインみたいに若いとか、美人が多いですが、ユメミルクスリは両親の立ち絵が普通のおじさん、おばさんな所がいいです。

 どの話でも、息子が危ないことしてたら、きちんとしかってくれます、学校にも来ます。

 ふむ、おもしろそうですね。というか、いろいろネットで見るかぎりとてもおもしろそうなんですが、何分、ゲームは時間を取るから、なかなか手を出す気になれません。昔は片端から手を出していたんですけどねえ。いまはなかなか……。

初めまして、遮那と申します。

以前から何度か他サイトのリンクから訪問させていただいていたのですが、今回「10分で解るグイン・サーガ」を読んでメールフォームを利用させて頂きました。

同じ本読み(まだまだ未熟ですが)として、多彩なジャンル、多種にわたるコラム楽しませて頂きました。

以前から読みたくても、手を出せなかった作品の記事を読んで改めて読みたいと感じました。

グイン・サーガ」「十二国記」「秘曲笑傲江湖」等々

やっぱりジャンルに拘り無く本を読むタイプって珍しいんですかね?

私の周りにも居ません…

まぁ読書家がいませんが…

突然の乱文失礼致しました。

 ジャンルにこだわって本を読むひとのほうが少数派だと思いますよ。たぶん、普通の読者はジャンルなんて意識せず、ただおもしろいかどうかで選んでいるんじゃないかと。

 ただ、ひとには当然、好みというものがありますから、結果的にある程度片寄ることになるんでしょうね。

 ぼくは飽きっぽいので、たしかにわりといろいろ手を出しているほうだと思います。同じジャンルをずっと読んでいると飽きるんですよね。

 このブログの中身にしても、昨日は落語、一昨日は妊娠中絶、その前はキャラ萌えと、全然脈絡がないですよね。読者はよく付いて来てくれるものです。感謝感謝。