ネットの友だちは、一生の友だち。


 だなあ、と最近しみじみと思うのです。

 リアルでできた友だちは、どうしたってリアルでの環境の変化に伴って繋がりが切れる。

 たとえばクラスでできた友だちは学校を卒業すると切れる。サークルでできた友だちはサークルを出ると切れる。会社でできた友だちは移動になると切れる。

 ま、それでもなお切れない友だちを本当の友だちというのかもしれませんが、しかしやはり大人になれば四六時中逢っているわけにはいかない。

 引っ越しすることもあるでしょう。そうやって、親しく付き合っていた友人同士でもいつのまにか関係が薄まっていく。それが従来の人間関係だったように思います。

 しかし、ネットでできた友だちは違う。基本的に状況の変化によって関係が変質することがない。そして、どんなに空間を隔てていても友人関係が続く。

 おまけに最近はmixiだのTwitterだのというものもあるから、日常の出来事を共有することもできる。これはすばらしいことですよ。

 ぼくがネットをはじめてそろそろ十年以上になりますが、その頃から付き合っている友人がいますからねえ。ここまで来ると、もう、この先もずっと付き合っていくんじゃないかと思うんですけれど。

 ブログで活動していれば必ずあたらしい付き合いも増えるしね。そうやって人間関係が切れずにひたすらに拡大していく世界、それがネットなのでしょう。

 世間ではうたかたの虚妄の世界といわれることもあるネットですが、決してそんなことはない、リアルにあるものはすべてここにもある、そうぼくは思っています。

 ネットがなければペトロニウスさんと『グイン』の話で盛り上がることもなかったし、敷居さんとファミレスで話しこむこともなかったわけで、全くいい時代に生まれたものだと思います。

 一○○年後の人びとにはあんな幼稚な代物で満足していたのかと思われるかもしれませんが、ま、それはしかたない。いまの時代に生まれた幸運を、精々楽しみつくすことにしましょう。

 ただまあ、「オンライン上で友達が欲しいと、思い続けて早幾年」なんて記事もあるので、なかなか友だちができず悩んでいるひともいるのでしょう。

 いや、ぼくが友だちだと思っているひとたちも向こうはどう思っているのかわからないわけですが、一方的にでも友だちだと思い込めばそれは友だちなので(笑)、悩んでいるひとはまず親しくやり取りをしてこいつは友だちだと思い込むところからはじめるといいんじゃないかと。

 それができないんだ、というひともそれはいるでしょうけどね。

 ネットの友だちは、一生の友だち。あなたもネットを活用して友人を作ってみてはいかが? 適度に図々しくなることがポイントです。