『Love me more』第1話。


 烏蛇さん(id:crowserpent)と競作する予定の小説の冒頭です。実在の人物、団体、敷居さん(id:sikii_j)及びCさん(id:hajic)とは一切関係がありません。


1.凍った瞳

 クリスマスを三日後に、新年を十日後に控えたその日、京都はいつにも増して冷たい空気に包まれていた。もともと、冬は凍てつく都市ではある。しかし、例年と比べても、その日の冷え込みは尋常ではなかった。
 昼間、燦々と日が差していた頃は、まだ空気もほのかに熱を孕んでいたのだが、夕刻、昏い空に群雲が忍び寄り、うそのように真白い雪を降らせはじめると、気温は一気に氷点下にまで下がり、染み付くような冷気が道往く人々の足を急がせた。
 この時期、雪が街を染めつくすことはめったにないが、今日は例外になるかもしれない、そう天気予報も告げていた。
 敷居住人(しきい すみひと)は、その凍りついた夜の街を、急ぐでもなく、寒がるでもなく、平然とした足取りで歩いていた。痩身を包み込むコートの肩を、雪が白く染めているが、払いのける気配もない。雪が降っていることなど気づいてもいないかのようだった。
 背の高い男である。おそらく、一八○センチメートルは優に超えているだろう。肩幅は広く、足は長く、ちょっとモデルにでもしたいような体形だ。もっとも、男性としては細身で、スポーツマンふうというわけではない。
 そして、そのスタイル以上に印象的なのは、かれの瞳だった。輪郭のはっきりした、まず美男といえそうな顔立ちのなかに、メタルフレームの眼鏡に覆われて並んだ双眸は、あたかもこの冬の冷気によって凍り付いてしまったとでもいうように、冷たい光をたたえていたのである。
 それは、すべてのあたたかい感情が凍結してしまった目、失ってはならないものを失った者の目だった。かれの顔立ちに惹かれて集まってきた女たちも、その瞳でじっと見つめられると、何かおそろしいものでも見たように離れていくことが少なくなかった。
 怖い目、と彼女たちはいうのだった。人間ではない、ロボットか何かの機械仕掛けの目のようだ、と。敷居はその言葉を否定しなかった。自分が冷たく無機質な人間であることを、だれよりもかれ自身が知っていたからである。
 いま、かれは人通りの絶えた寂しく暗い路を、ひとり、黙々と歩いている。自宅へと続く通りなれた道だった。
 と、敷居のその凍った瞳に、かすかな興味が閃いた。深々と降りしきる粉雪に白く装飾された路地に、見慣れぬ白いものが見つかったせいだった。
 夜の暗闇のなかで、初め、その物体は捨てられた人形であるように見えた。ひとのかたちをしているが、身動きひとつする様子がなかったからだ。しかし、しばらく観察していると、生身の人間、それも男性であることがわかった。
 その男は目を閉じたまま道端にうずくまっていた。ブラックのシャツとジーンズを着ているが、この冬空の下の格好としてはいかにも薄着である。そして、絶え間なく降り積もる雪がその全身を薄っすらと包み込んでいた。
 敷居はその姿を見とめて、一瞬、歩みを止めたが、すぐにふたたび歩きはじめた。
 どうせ、酔いつぶれた酔漢か何かだろう。そんな男が道端で凍死したところで自分の知ったことではない。そう思ったのだ。
 その歩みがもういちど止まったのは、男の顔を覗き込めるほど近くまで来たときだった。近くで見てみると、その顔つきは、予想外に若かった。おそらく、まだ二十歳には達していないだろう。十八にもなっていないかもしれない。意外にも、少女のように秀麗な、そしてあどけない顔立ちの少年だった。
 その顔を眺める敷居の目に、ゆっくりと驚愕が広がっていった。少年の容姿が美しかったからではない。その顔立ちが、かれの記憶のなかにあるひとつの顔を思い出させたからだった。それはある時期、かれにすべてを捧げても惜しくないと思わせた顔だ。遠い遠い日の思い出が、瞬時に脳内によみがえる。
「椎子……」
 自分の言葉に愕然として、敷居は口もとを指で覆った。かれの凍った瞳は、いまや、その奥にひそむマグマを覗かせていた。遥かな日に捨て去ったはずの苦悩、そして、愛。
 そのまま一分ほどもそこに立ちつくしていただろうか。敷居は少年の傍に座り込んだかと思うと、その頬を二、三回叩いた。かれはかすかにうめき声を漏らしたが、目ざめなかった。その額に手をやると、あきらかに正常ではない熱が伝わってくる。
 敷居はひとつ大きくため息をつくと、ゆっくりと少年の脇に手を差し込み、一気にその肉体を持ち上げた。意識を失くしたからだは重かったが、持ち上げられないほどではない。かれはそのままの格好でふたたび歩きはじめた。
 夜だけがその場にのこされた。