〈十二国記〉再読完了。


 小野不由美十二国記〉を最新巻『華胥の幽夢』まで読み終えた。

 小野の文章は抜群に端正で、再読、再々読に耐える。しかも初期から後期にかけて、進歩が明らかだ。

 『華胥の幽夢』で刊行が止まっていることは返す返すも惜しいのだが、おそらく、何らかの如何ともしがたい理由があるのだろう。

 一読者にできることは、ただ待つことだけである。