お返事。

恐縮ながらツッコミです。>日本唯一の疫学小説 と謳う前に、まず「復活の日」を先駆的な例として挙げてもいいのではないでしょうか。(僕は「エピデミック」を未読なので実際比較してどうこうとは言えないのですが、エントリを見るかぎりだと内容的にもよく似たところがありそうに思えます。)

 作者のブログに「とにかく疫学者が主人公で、オッズ比まで求めてしまう、史上初の小説だと思います。」と書いてあるので、「日本唯一」としたんですけどね。もちろん「疫病」小説はほかにいくらでもあるわけですけれど。

 『復活の日』は未読なので読んでみます。