イヌに権利はあるか?

動物の権利 (〈1冊でわかる〉シリーズ)

動物の権利 (〈1冊でわかる〉シリーズ)

 たとえば、ある男性が腹立ちまぎれにイヌをけっぽっているところを見かけたとする。たぶん、あなたは、ひどいことをする奴だと思うだろう。

 あるいは、子供がネコをいじめているところを見かけたとする。あなたはその行為をやめさせようとするかもしれない。

 一方で、そういう感情や行為すべてが偽善的であるという見方も成り立つだろう。動物は動物であり、人間と同じように扱うことは愚かしいという考え方だ。

 はたしてどちらが正しいのだろうか? 本書『動物の権利』は、この問題を真剣に考えた本である。

 完全に客観的見地からの研究書とはいえない。動物の権利を擁護する立場から書かれているからである。

 しかし、もし、あなたが熱狂的な動物愛護理論の本を想像するなら間違えている。書き手の論調は終始冷静かつ合理的であり、ぼくのような、あまり動物愛護に対して好意的ではない人間に対しても説得力がある理論を提示している。

 動物愛護に賛成するひとも、反対するひとも、議論の前にとりあえず読んでおくべき一冊といえるだろう。

 まず、著者は動物が道徳的地位をもっているかどうかを問題にする。道徳的地位とは、その動物の権利や福祉が真剣な問題として取り上げられる必要がある、ということを意味する。

 そして、ほとんどの脊椎動物は、人間がもっているような感情をもっている証拠がある故に、道徳的地位をもつとする。

 ここら辺、どこまでの動物が現代科学は明確に線引きすることができない。カエルはどうだ? アメーバはどうなのか? 著者は慎重に検討する。

 しかし、少なくとも一部の脊椎動物に感情があるということは、ほとんどのひとが賛成することだろう。

 イヌやネコを飼った経験があるひとは、かれらに感情がないとは信じられないはずだ。そして、著者はフェアにその問題に対する反論を用意しながら、次の議論へと話を進めていく。

 肉食、動物実験、ペット、動物の監禁――どこまでがゆるされるべきか?

 おもしろいのは、決して「命の重さ」といった抽象的な問題を取り扱わず、あくまで権利の問題として処理していくこと。「偽善」で切って捨てられるような安っぽさはない。

 現代において、動物に対してあらゆることがゆるされる、と考えるひとは少数派に属するだろう。現代社会で、いわゆる動物虐待は好ましいことではないとされている。

 しかし、一方で、動物を人間と全く同じに扱うことに賛成するひとも少ないはずである。どこでどう線引きされるべきなのか? そして、動物愛護の論理的根拠はどこにあるのか?

 そういうことを疑問に思ったことがあるひとは、ぜひ本書を読んでみるべきである。全面的に賛成できるわけではないが、少なくとも参考になることは間違いない。