オンラインDVDレンタル比較。

ツタヤ等のネットDVDレンタルサービスを使えば、月額固定(2千円程度)で延滞料無しなので、有る意味リーズナブルだと思います。ご存じかとは思いますが。

借りたいモノをあらかじめリスト化しておき、在庫があるものから送られてくる。届いたDVDは見たいときに見れば良いし、見終わったらポストに入れればOK。ってのは想像以上に快適ですよ。DMMは2週間無料お試しもあるみたいなので、試してみると面白いと思いますよ〜

 と、コメント欄でお奨めいただいたので、DVDのオンラインレンタルサービスについて調べてみた。

 というか、詳しく調べるまでもなく、ググってみたら簡単にまとめサイトが見つかった。便利な世の中である。

 それによると、宅配レンタルの大手は、ツタヤディスカスDMMぽすれん楽天ゲオあたり。

 値段はそう大差なく、どこも借り放題で月2000円くらい。ぼくの場合、一月に6,7枚借りれば元が取れる計算になる。何より延滞の危険がないことがありがたい。

 ただ、スタンダードプラン月額2980円の楽天は、他より1000円ほど高い。また、ゲオは年会費が1050円かかる。

 品揃えはDMMが88000本以上で業界最大手、次いでツタヤとぽすれんが6万本代で続く。値段と品揃えをかね合わせて考えると、この3社のどれかがベストかな、という気がする。

 このサイトでは、

皆さんもご存知の通り、ツタヤディスカスは大手レンタルショップTSUTAYAのネット版レンタルサイトです。
知名度、会員数、サービス内容、どれをとっても満足できるレベルです。
一般的な有名タイトルの品揃え、在庫数は業界でも最高水準であり、様々なニーズに対応したサービスメニューもそろっています。
アダルト作品などをレンタルする方を除けば、広く一般的にオススメです。

経済的に余裕がある方へは、2社を併用することもオススメです。
話題作や新作をレンタルしたい人へは、ツタヤディスカスとDMMの併用を。
アダルトやアニメ作品をレンタルしたい人へは、ぽすれんとDMMの併用をオススメします。

 と、まとめている。

 サービス内容はともかく、知名度が高く、会員数が多くてもあまり意味がない気がするが、ツタヤが一押し、エロいひとにはDMMがお奨め、というところか。

 じっさい、3社とも一般向け作品の品数はほぼ変わりないが、アダルトDVDの品揃えでは、DMMが飛びぬけている。まさにエロいひとご用達サービス。

 この3社はどこも2週間程度の無料サービスを実施しているので、入会しても、2週間以内に解約してしまえば無料になる――のか? ちょっと自信がない。

 とりあえず、DMMは公式サイトに、

DMMでは初めてご利用になるお客様に、気軽にオンラインレンタルをお試しいただくために、2週間無料お試しキャンペーンをご用意させていただいております。ご入会から最初の2週間は一切料金がかかりませんので気軽にお楽しみいただけます。(2週間以内に解約を完了された方は完全無料です。)

 と、書いてあるので、そう考えて間違いないと思う。

 これから宅配レンタルをご利用される方は、まず、ツタヤかDMMに入会して2週間試してみると良いだろう。本格的に利用するかどうかは、それから考えても遅くない。

 それにしても、こういったひととやり取りしなくても商品が受け取れるサービスは、本当に偉大だし、文明的だと思う。

 ぼく、基本的に店員と言葉を交わしたりするのが厭なんだよね。初めて行く店なら良い。しかし、書店でも、喫茶店でも、レストランでも、何年も同じ店に通い詰めていると、どうしても店員と顔見知りになってしまう。

 そうなると、どうもその店には行きづらくなる。ラーメン屋のオヤジと顔なじみになったりしたくないし、書店の店員に監視されたりするのも厭だ。もし、すべての店員がロボットだったら、ずっと心安く買い物を楽しめるだろう。

 こう書くと、いかにも気むずかしい、人間ぎらいの言い草に思えるかもしれない。しかし、それでもやはり、この手のサービスとは機械的、画一的、非人間的であることが望ましいと思う。マニュアル対応で十分である。

 都市の素晴らしさは、そういうサービスが隅々まで行きとどいているところにある。ぼくはタクシーの運転手にもあまりなれなれしく話しかけてほしくないタイプですね。

 ぬくもりのあるサービスなんていらない。出来るだけ冷たく、そのかわり正確にやってほしい。そう考えているのは、たぶん、ぼくだけではないだろう。