釘宮ボイスで読むこと。


 メールにお返事。

なんかここ1,2ヶ月、文章に角が立ってるというか、攻撃的ですよね。同時期にコメント欄を要登録にしたり、こんな欄を作ったりと、なにかあったのでしょうか? それとも意図して実験的な試みでもされているのかな?

 文章が攻撃的なのは、そっちのほうが受けがいいからです。ツンデレが受ける時代ですから。これからぼくの日記は釘宮理恵の声で読んでください。

 コメント欄をはてなユーザー専用にしたのは、受けがいい記事を書いていたらアクセスが増え、コメントが殺到し、対応が面倒になったから。

 たぶん、コメント欄はもう時代おくれの機能になりつつあるんじゃないかな。昔と違って、意見をもらいたければトラックバックはてなブックマークもあるわけで、わざわざコメント欄を開放しておく意義は薄れつつあると思います。

 ↑のフォームは、もともと「メール」のページに置いておいたフォームと同じもので、あまりにも利用率が低いのでトップにもってきただけです。おかげで使用頻度が10倍になりました。

 そういうわけで、ぼくとくに自身は何も変わっていませんが、スタイルはかなり意識的に変えつづけています。そういう意味では「実験的」といえなくもないかもしれません。