メールにお返事。


 curtanaさんという方からメールが届きました。

 以下に転載しますが、そのままでは読みづらいので、失礼ながら改行を加えさせていただきました。ご了承ください。

 はじめまして。「すべての物語を平等に扱う」というコンセプトが私と同じだったので、最近よく来ています。先ほどは、オススメ小説&漫画作品を読みました。

 しかし、そこに私の聖典が載ってない。少し悔しかったので、紹介させてください。知っていらっしゃるなら、スルーしてください。

 「グラン・ローヴァ物語紫堂恭子これが私の聖典です。この作品は、読んだ私の考え方を変え、生き方を変えました。そして、世界の汚さに絶望しかけていた未熟な私の心を救い、私の心の礎となりました。

 人の心を救える物語というのはこの世には数少ないのではと思います。ジャンルはファンタジー。先日、ホーム社から文庫版が全二巻で発行されました。短いマンガですがテーマ性が強く、それでいて笑える展開もあるためエンタテイメントとしても読み応え十分。

 現代人の多くが「忘れている」人が持つ力の大きさを再認識させ、ならばあなたはこれからどうする、と問いかけるすばらしい作品です。あなたが「忘れている」何かがある、といってもぴんとこないと思いますが、必ずそれを認識できる視点を読者に与える。それがこのマンガの最大の醍醐味だと思います。ぜひ読んでください!

 はい、『グラン・ローヴァ物語』は読んでいます。

グラン・ローヴァ物語 1 (ホーム社漫画文庫)

グラン・ローヴァ物語 1 (ホーム社漫画文庫)

 ぼくの場合、100選には入れなかったけれど、良い作品ですよね。ぼくも紫堂恭子ならこれがいちばん好きかな。

 名作『辺境警備』の影にかくれていまひとつ影が薄い気もしますが、おおらかに生を肯定する力強さがあります。

 ちなみにこの作品、紫堂さんの公式サイトに外伝が掲載されているんですが、ご存知でしょうか。

 とくに予備知識は必要ないので、未読の方はこっちから読んでみてもいいかも。

 またご意見などありましたら、どうぞお気軽にお寄せください。でわでわ。