その動画、「削除逃れ」に見えていませんか?


 「権利者を無視すれば、ニコニコに未来は無い」

 まきがいさんの最新記事。長いので引用しづらいのだが、ようするに、その主張は「著作権はともかく、権利者を無視するようではニコニコ動画に先は無い」というひと言に集約される。

 ぼくもおおむね賛成する。しかし、この言い方だと意味がわからないひともいるだろう。著作権は無視して、権利者を無視しないとはどういうことなのか? つまり、こういうことなのである。

 ここでいう「権利者」とは、ある画像、音楽、動画などの著作権保有する個人あるいは団体のことだ。

 ニコニコ動画にアップされる二次創作系の動画は、ほとんどがこの権利者の著作権を侵害している。

 したがって、権利者が杓子定規に著作権適用を求めれば、現在、ニコニコで見れる動画のほとんどが視聴不可能になる。必然的にニコニコはその魅力を失い、現在の勢いを失うだろう。

 そこで問題になるものが、「権利者削除」である。ニコニコ動画には、権利者が自分たちの著作権を侵害する動画を削除できるシステムが存在するらしい。つまり、その動画の生殺与奪の全権を握っているわけである。

 こんなシステムがあったら、ニコニコの二次創作動画は片端から削除されてしまうことになるだろうか? そうなりそうなところだが、じっさいにそうはなっていない。

 有無を言わさず削除されてしまった動画が多数存在する一方で、それ以上に多数の動画は生きのこっている。なぜこんなことになるのだろう。それは、権利者がかならずしもすべての著作権侵害動画を忌み嫌っているわけではないからである。

 権利者の立場に立って考えてみよう。かれらが守りたいと考えているものは、はたして、著作権そのものなのだろうか。

 たぶん、ほとんどの場合、そうではないだろう。かれらが本当に守りたいものは、著作権から生じる利益である。仮に著作権が守られて、その結果、利益が減少することがあったら、元も子もない。

 そこで、ニコニコ動画の性質が問題になる。ニコニコ動画はいままで人類の歴史に存在しなかったかたちのメディアである。したがって、経済的にどのような効果を及ぼしているのか、だれにもわからない。

 著作権を侵害した動画が多数アップされることによって、権利者の利益を損なっているかもしれない。

 あるいは、そういったアップが宣伝効果を生み、ニコニコ市場を通して商品が売れることによって、逆に権利者に利益を与えているかもしれない。

 どちらもありえないとはいえないことだ。

 だれにもわからないのだから、権利者自身にもたぶんわからない。著作権侵害動画を削除する行為は、自分たちの利益を守ることに繋がっているかもしれないし、逆に利益を損なうことになるかもしれない。

 そこで、とにかく削除してしまおう、と考えるものもいれば、とりあえず様子を見て、問題があるようなら削除すれば良い、と考えるものも出てくるだろう。

 そこには、明確な基準が存在するわけではない。いってしまえば、権利者の気分しだいである。

 権利者が削除したくなれば、理由説明などなくそう出来る。「著作権を侵害している」というその一点だけで十分に正当な理由なのだから。

 こういう状態を屈辱的だと考えるひともいるかもしれない。しかし、そもそも杓子定規に法律にあてはめれば、その動画は違法なのだから、どうしようもない。

 もし、そこであくまでも権利者に逆らうような態度を見せれば、ニコニコ動画そのものを揺るがす大問題に発展しかねない。

 だから、権利者を無視してはいけない、そんなことをしていたらニコニコに未来は無いよ、というのが、まきがいさんの意見だと思う。

 ところで、まきがいさんはその「監視」にかかるコストについて、こんなこと書いている。

はて? 他のサイトまで視野に入れるとまた変わってくるかもしれないけど、ニコニコ監視するのってそんなに大変かな? ニコニコの検索めちゃくちゃ便利じゃないですか。検索ですぐに見つかるし、タグでたどることもできる。人気動画はランキング見れば一目瞭然。僕はニコニコ動画が発展した理由の一つは、この検索性の高さだと思う。目的の動画が探しても見つからないなんてことがほぼありえない。ニコニコ単体を監視するのにコストなんてほとんどかからない気がするんですよね。

仮にニコニコで簡単に見つからないような動画があったとします。さて、そんな動画が実質的な被害を権利者にもたらす可能性なんてあるんでしょうか? 同じ理屈で、24時間の監視なんて必要ないですよね。たまに覗いて、影響力のありそうなものだけチェックすればいい。

 この意見の是非はともかく、「ニコニコで簡単に見つからないような動画」はじっさいに存在する。いわゆる腐女子系の動画は表記が変更されていて探しにくいものが多いのである。

 たとえば、『おおきく振りかぶって』の動画が「おー振り」などと表記されていたりする。同じ動画が、タイトルの表記だけを変えて「腐女子用」に再アップされていたりすることもしばしばである。

 こういう動画は、タグでも、検索でも、見つかりづらい。その情報を知っている人間だけが簡単に見つけることが出来る。

 こういう動画をアップする当人は、かならずしも「権利者の削除の目を逃れたい」と考えているわけではないだろう。しかし、結果的に権利者の目にそう映る可能性はある。

 まきがいさんが書いているように権利者がおおらかに受け止めてくれればいいが、ひょっとしたら、「悪質な削除逃れ」と見られ、悪い印象を与えることもありえるのではないか。

 タイトルの表記をいじるなとはいわないけれど、そういう可能性もありえることも考えてみるのも悪くないと思う。

 いま、地球上にニコニコ動画はひとつしかない。そのひとつをゼロにしないために、考えるべきことは少なくない。