『脳内格闘アキバシュート』


 『漫画アクション』で『脳内格闘アキバシュート』という漫画の連載が始まったのですが、何かすごいです。いや、もうタイトルからしてすごいわけですが、まず主人公の名前が秋庭秀斗(笑)。

 今週号では秀斗くんは「このオタクが!!」といって殴られています。「「最強」を目指す一人のオタクの物語!!」らしいので今後強くなるのだと思うのですが、何だかなあ。『ホーリーランド』みたいな路線を目指すのだろうか。

 一方で森下裕美の『夜、海へ還るバス』という連載も始まっていまして、こっちは普通に秀作の予感。レズビアンの女性の自分探しの話? 冒頭からすでに一筋縄では行かない雰囲気をただよわせています。

 ちなみに両作品とも『漫画アクション』のサイトで第1話を読めます。毎日新聞でハートフルな4コマを連載しながら、一方でこういう野心的な作品に挑むとは、森下裕美はすごい作家になったなあ。