ふと思う。


 小中学生の頃、ウェブログがあったら、ものすごく痛いことを書いていただろうな。