日記の長文化について。


 最近、日記の文章がやたらと長くなっています。いやね、こういうだらだらした文章はいくらでも書けるんです。

 文章そのものは長くなっていますが、真面目に書評を書いていた頃に比べれば、かかっている労力は下がっているかも。

 こういう口語体で中身のないことを書くのは、本当に楽ですね。読むほうはいいかげんにしろ、と思っているかもしれませんが、こういうものだと思ってあきらめてください。