チャットのログについて。


 さて、昨日の記事もそうですが、ぼくはチャットのやり取りを日記に転載するにあたって、多少の修正を加えています。

 本来なら、他人の発言をかってに修正したりすることには問題があるでしょう。でも、この場合はまあいいかな、と漠然と考えています。

 チャットのやり取りは内容が前後したり、意味がわかりづらい表現が混じったりすることがしょっちゅうなので、やっぱり多少手を加えないと読みづらいんですよね。

 そしてチャットのログそのものはそのときの会話そのままのかたちでのこっていますから、もとの文章を知りたいというひとはそちらを参考にしていただければ、と思います。

 ま、修正するといっても多少句読点をいじったりする程度ですけど。

 このログは管理人のぼくでも(たぶん)改変できないので、ごまかしようがありません。そのときのやり取りがそのままのこります。

 チャットはその場の雰囲気でけっこう過激なことを書いたりもするので、本来ならログを読めないようにしたほうがいいのかもしれません。

 でも、ぼくはそういうことをやるような性格じゃないんだよね。やっぱりひとの悪口は堂々といわないと。だれにも聞こえないようにいう悪口なんて何が楽しい?

 そういうわけですので、参加者の皆様もそういう覚悟をもって参加されるようお願いします。

 それにしても、Lingerってほかの点は便利なんだけれど、過去ログが重いことだけはどうにかしてほしいな。ひらくのに何分もかかったりするからなあ。