たとえ萌え絵になっても。

[rakuten:book:12079617:detail]

 何だこりゃ(笑)。

 「まいじゃー推進委員会」で見つけたんだけれど、一応、田中芳樹の新刊。何年か前に書いたアクションコメディ小説がいまどきの萌え絵で再文庫化、ということらしい。

 ていうか、どこかで見た絵だと思ったら、『咲』のひとじゃん! な、何だかなあ。

咲 Saki (1) (ヤングガンガンコミックス)

咲 Saki (1) (ヤングガンガンコミックス)

 トンボさんは「個人的には田中芳樹作品群の中でかなり上位にランクインする」と書いているけれど、ぼく的には全作品中下から2番目くらいの評価。

 『創竜伝』とか『薬師寺良子の怪奇事件簿』に連なる現代ものなのですが、ま、不発の作品だったと思います。

 この作品、碧也ぴんくが漫画化しているのですが、漫画版のほうがおもしろいですね。田中芳樹の小説は映像化されたり漫画化されたりしものがいくつもあるけれど、原作を超えたものはこれくらいじゃないかな。

 で、いっしょにこういうものも発売されているようです。

[rakuten:book:12079618:detail]

 「田中芳樹原案」ということは、『ウェディング・ドレスに紅いバラ』の設定を使ってほかの作家が書いた作品、ということなのでしょう。

 『灼熱の竜騎兵』とか『七都市物語』でも似たような作品が発売されていますが、田中芳樹の小説は田中芳樹本人が書かないとおもしろくないので、この手のビジネスはもうやめたほうがいいと思うな。

 そういえば、ほかの作家が引き継いだ『自転地球儀世界シリーズ』も止まっているな。なんかもう、田中作品はどうあがこうと完結できない宿命なのかもしれません。とほほ。