平和氏、インタビューされる。


 「くらふとのかくころに〜「ラノベ業界は平和でありんす」の巻〜」

 平和さん(id:kim-peace)のインタビュー。ぼくは昔、このひとのインタビューをかってに捏造したことがありますが(笑)。これは本物。

 ただし、じっさいのインタビューはメッセンジャー上で行われたらしい。

 いや、しかし、これは恥ずかしいなあ。知っているひとが漫画になっているところというものは、どうしようもなく気恥ずかしいものがありますね。

 直接関係ないぼくが読んでも恥ずかしいくらいだから、本人はもっと恥ずかしいことでしょう(漫画の内容を非難しているわけではありません。念のため)。

 さいごのコマのいかにも卒のないコメントが平和さんらしいですね。「ライトノベルはもう終わり。次はケータイ小説」とか言えばいいのに。言えばいいのに。

 これから大手をめざすにあたっては、小心翼翼としてわが身を守るのではなく、自分を捨ててネタになる覚悟がほしいところです。

 さて、次回のターゲットはだれか?

読み物としても面白いですし、これは次も期待ですね。さて、誰だろ。インタビュー内に出てきたまいじゃーとかSomething Orange?
 

 いやいやいやいや(笑)。ぼくはもうほとんどライトノベル書評業界の人間じゃないですから!

 そういうわけなので、次回はまいじゃーの中の人を出しましょう。いろいろ表に出せないやばい話題を聞きだすのです。いまから新作が待ち遠しいぜ!