『ワインの個性』

ワインの個性

ワインの個性

 はじめに謝罪しておこう。

 ぼくにこの本を論評する資格はない。内容のよしあしがさっぱりわからないからである。

 タイトルからわかる通りワインにかんするコラム集なのだが、ぼくはワインに詳しくない。したがって、偉そうにこの本の中身について語る資格など、あろうはずもないのである。

 それなら、初めから献本を頼むなという話だが、実はこの本の著者の名前には憶えがあったのだ。

 その人物、堀賢一は、稲垣吾郎主演でテレビドラマ化もされた(中身は原作とはかけ離れた代物だったが)ワイン漫画『ソムリエ』の作者のひとりに名をつらねている。

 ウィキペディアによると、日本を代表するワイン研究家のひとりなのだとか。

 おそらく、漫画の作劇や作画に直接口を出したわけではないだろう。ただワインの情報を提供するにとどまっているものと思われる。しかし、とにかくあの漫画はなかなかおもしろかった。

 そういうひとの書く本だから、ひょっとしたらぼくにも理解でき、楽しめるかもしれないとも思ったのである。

 結果的には、その期待は半分あたり、半分外れたというところだろうか。

 たぶん、良い本ではあるのだと思う。読みやすいエピソードで、興味深いエピソードを交えながら、わかりやすくワインにかんする物語を綴っている。

 薀蓄に偏りすぎることもなく、高圧的に知識を押し付けることもない。ただ、読む側にワインに対する深い興味や愛情がない点が問題である。

 たまにはこういうこともある、と思っていただけるとありがたい。

 以下、「本が好き!」のリンクキット。


ワインの個性

livedoor BOOKS
書誌データ / 書評を書く