見出し、始めました。


 極楽トンボさんからのメール。

こんにちは、ここしばらくチャットをご無沙汰してます。先日、安眠練炭さんが指摘してましたが、自分もここのブログがなんで見出しをつけないのか、前々から疑問に思ってました。コメントもトラックバックも有効にしてあるからには当然対話を前提をしているはず。ならば、ある程度対話をしやすいように作品名や、書き出しの一文といった簡単な見出しはつけるべきじゃないかと思うのですが……。コメントをしない閲覧者の立場からみても、なんかこう記事が見にくいというか落ち着きません。強固な信念に基づいて付けないなら仕方がないのですが、そうでなければぜひ見出しをつけるように検討してください。

 そうか、気になるのか。

 もちろん、何か深い信念があって見出しを付けないわけではなく、ただ何となく付ける習慣がなかったというだけですけど。

 でも、よそのウェブログって、そんなにいちいち見出しを付けているのかな……(調査ちう)……付けていますね。そうかそうか、ウェブログってそういう使い方をするものなのか。へえ。

 ぼくはふだんトラックバックを使わないし、たまにリンクするにしても、適当な見だしが見当たらないときはサイトのタイトルで代用しているから、そんなに見出しの必要性は感じなかったんだけれど、やっぱりないと不自然ですかね。

 そういうことなら、まあ、これからは付けることにしましょう。でも、ぼく、こういうのセンスないんだよなあ。たぶん俳句とか作らせたらすげえ下手だと思う。